五輪はOKでも4輪はダメなの?「F1日本グランプリ」中止の真相とは (1/2ページ)

五輪はOKでも4輪はダメなの?「F1日本グランプリ」中止の真相とは

8月18日、主催者モビリティランドがF1日本GPの中止を発表

 2021年F1日本グランプリ(以下、F1日本GP)の開催断念が発表された。これで2年連続で、日本でF1が開催されないということになった。2021 F1日本グランプリロゴ

 この開催断念という決断に至った背景には、当然新型コロナウイルスの感染拡大がある。昨年から世界的な流行を見せている新型コロナウイルスだが、今もその勢いは収まることなく、日本ではここにきて感染者数が急拡大している。

外国人ドライバー&チーム関係者の特例での入国許可が得られず

 日本は新型コロナウイルスの水際対策として、指定された国や地域からの外国人の入国を「特段の事情」がない限り、拒否している。結論から言えば、F1はこの「特段の事情」とはみなされず、特例での入国許可がなかなか下りなかった。

 しかしF1側としても、開催可否の判断をこれ以上先送りすることはできなかった。F1の開催には膨大な機材が必要であり、それを輸送する手筈を整えなければいけない。また、もし日本で開催できないとなった場合、年間の総レース数を減らさないためにも、代替開催地を選定し、その開催に向けた準備も進めなければいけなかった。モビリティランド田中 薫社長

 これについて鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの田中 薫社長は、会見で次のように説明している。

「一番の問題は、日本は基本的に外国人の入国を認めていません。F1にしてもそのほかのスポーツにしても、外国人の選手がやってくるためには、(特例で)入国ビサを取得しなければいけません。この確定が得られなかったのがネックでした。開催拒否の判断をしなければならないタイミングがあります。そのタイミングで入国の見通しが立たず、最終的には私が(開催断念を)判断したということになります」

ソーシャルバブル構築による安心安全な運用に一縷の望みを期待したのだが……

 F1開催のために入国する必要がある外国人の数は、約1500人と言われている。これは東京オリンピック・パラリンピックを除けば、単一のイベントとしては最大規模の入国人数である。その許可を得るのが簡単ではないのは、容易に想像できよう。

 とはいえ鈴鹿サーキット側も、なんとか開催を実現すべく、さまざまな準備を整えていた。特例での入国が認められるためには、もし仮に入国した外国人の中に新型コロナに感染している人物がいたとしても、その影響が日本国民に及ばないように徹底しなければいけない。つまり、ソーシャルバブルの構築が必要不可欠である。F1グランプリでの感染対策

 鈴鹿サーキットはこのため、関係者の到着空港を限定し、そこから鈴鹿までのバス輸送システムを構築。さらに宿泊施設も一棟借りまたはフロア貸切という形で、ほかの宿泊客との接点を完全に封じる施策を作り上げた。当然、ホテルとサーキットの間も、完全に隔離された状態で移動しなければならない。田中社長は「求められたモノが100ならば、それはやり切ったと思います」と語っている。

 しかもF1は、各国を転戦するにあたってこのソーシャルバブルを日常的に構築しており、その運用にも慣れている。開催が実現していたとしても、完璧なバブルの運用ができただろう。

画像ギャラリー