ラクして何が悪い! ポータブル電源「BLUETTI AC200MAX」を使い倒した「楽チン車中泊」キャンプ術 (1/3ページ)

ラクして何が悪い!  ポータブル電源「BLUETTI  AC200MAX」を使い倒した「楽チン車中泊」キャンプ術

電気を効果的に活用する「進化形」キャンプスタイルがいま話題に!

 空前のアウトドアブームのなかで進化を遂げいくキャンプスタイル。最近では原始的で苦労を楽しむキャンプから、電化製品を積極的に導入した快適で機能性を追求したスタイルが、大きなブームになっているという。そこで、いま話題の大容量ポータブル電源を使い、1泊2日の「車中泊キャンプ」を実践してみた。大容量AC200MAXなら車内でいろんなツールが使える

BLUETTIから登場の大容量自慢の「AC200MAX」が登場!

 キャンプのスタイルは人それぞれだが、最近ではポータブル電源の高性能化により電気を使った「進化形キャンプ」が注目を集めている。そもそも「ポータブル電源とは何?」という話だが、ひと昔前だと野外で電気を使う場合は、燃料(ガソリン)で電気を発電する発電機が主流だった。AC200MAXの正面

 しかし、発電機はクルマと同じで排気ガスが出るし、テント内で使用すれば一酸化炭素中毒になる危険性があり、十分に換気がなされた状況でも排気音を含むエンジン音が騒音となり、キャンプ場で使用することは難しい(※施設により許可している場合あり。発電機を使用する場合は施設に要確認)。

 それに対してポータブル電源は、発電機と同様に電源がない場所でも電気を使用することができ、それでいて環境負荷はなく、静音設計のためキャンプ場でも問題なく使用できる。それらの理由から、いまアウトドアシーンで注目されている訳だ。 
沢山の機器をつないでも安心のAC200MAX

 今回使用するのは発売間もない「BLUETTI(ブルーティ)AC200MAX」。2048Wh/2200Wの大容量&高出力を誇り、別売の拡張バッテリー「B230」や「B300」をAC200MAXに接続すれば、最大8192W(AC200MAX本体のみ:2048Wh、AC200MAX本体+B230x1台:4096Wh、AC200MAX本体+B230x2台:6144Wh、AC200MAX本体+B300x1台:5120Wh、AC200MAX本体+B300x2台:8192Wh)にまで、容量を上げることができる。

 また、AC200MAXに搭載されるバッテリーは、リチウムイオンバッテリーのなかでも安全性が格段に高い、電気自動車用バッテリーにも採用されるリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを使っており、安全・安心に使用することができる。ポータブル電源「B230」を増設して容量拡大

夜間でも扱いやすいLCDパネル搭載のほか16カ所の出力ポートを装備

 本体はタッチ式のLCDパネルが採用され、バックライト仕様なので暗い場所でも扱いやすい。LCDパネルには電圧/電流/電力/温度など充放電時の状態がリアルタイムに表示され、使用する場合には出力電圧/周波数/充電方式/消費電力/時間情報を確認することができる。アウトドアやキャンプで役立つポータブル電源キャンプ

 また、省エネルギー機能のECOモードを設定すると無駄な電気消費を30%以上も抑えることができ、自動的に節電してくれるのだ。

 気になる出力ポートは4つのACポートに加えて、AC(TT-30P)/DC12V・30A/DC12V・10A シガーソケット出力ポート/DC 5521 12V/10A×2個/USB-C 100W/USB-A 18W×2個/USB-A 5V/3A×2個/ワイヤレス充電15W ポート×2の合計16個の出力ポートを備え、同時に16個までのデバイスを充電することができる。AC200MAXの正面と側面 最近では使用する機種によって異なるポートが使われていることも多く、変換アダプターを用意することなく使えるのはありがたい。

拡張バッテリーやソーラーパネルの追加で利便性はさらに高まる

 このAC200MAXは、付属のACアダプターで自宅のAC100V電源から充電できるのはもちろん、ソーラーパネル(別売)/クルマのDC12Vシガーソケット電源/発電機/自動車用バッテリー(鉛蓄電池)に加えて、EVステーション&風力発電機(別途アダプターが必要)の7種類の充電方式に対応する。

 ちなみにソーラーパネルからの充電は、10Vから145Vの電圧範囲に対応しており最大900Wまで可能。ソーラーからの不安定な電気は内蔵のMPPT回路によって最適動作点を追従するため、つねにソーラーパネルからの最大電力を効率よく充電することができる。

 もちろん同製品には、過充電を防止するセーフティ機能も搭載され、容量が100%になると自動的に充電を停止してくれるので安心だ。別売のソーラーパネルもも使える

 本体をフル充電した場合、スマホなら約165回の充電、パソコン(49Wh)は約35時間、10Wのライトなら約200時間、テレビ(110W)は27時間の使用が可能となる。また定格出力電力2000W(ピーク4800W)まで対応することができ、ヒーターやエアコン/電子レンジ/ドライヤー/冷蔵庫/洗濯機/家庭用乾燥機など、2000Wまでの電化製品を使うことができる。スマホアプリで遠隔操作

 また驚くべきはスマホに専用のアプリをダウンロードすることでバッテリーの状況をチェックすることができるとともに、Bluetooth接続によりスマホに映し出された画面にて、遠隔操作することもできる。

画像ギャラリー