意外にも「夏の延長線上」じゃなかった!「秋キャンプ」を楽しむ「コツ」って何? (1/2ページ)

意外にも「夏の延長線上」じゃなかった!「秋キャンプ」を楽しむ「コツ」って何?

最高のキャンプシーズン「秋キャンプ」で自然を愛でる

 厳しい冬、生命が芽生える春、太陽が燃え盛る夏、そして紅葉を愛でる美しき秋。日本は四季を持つ素晴らしい国であり、その季節に合わせたキャンプは独特の楽しさを持つ。ここでは、これからベストシーズンを迎える「秋キャンプ」に注目し、その魅力を満喫するための傾向と対策について考えてみたい。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

美しい紅葉の景色画像はこちら

夏キャンは過酷なだけ……快適キャンプは秋がオススメ!

 一般的には「キャンプ=夏」というイメージがあるようだが、それは長期の夏休みがあるための誤解であり、灼熱の太陽と熱帯夜に悩まされる夏はキャンプには不向きな季節なのだ。また、夏のキャンプ場では日焼けや熱中症対策とともに蚊や虻(アブ)などの防虫対策も必須となり、野外で活動するには厳しいシーズンでもある。本当にキャンプを楽しみたいのならベストシーズンは「秋」になる。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

紅葉を愛でることができる秋キャンプ画像はこちら 朝晩は冷え込むこともあるが、必要以上に暖を取る必要のない季節はテント泊を快適に過ごすことができるのだ。

日中は過ごしやすくも夜間は防寒対策が必須

 快適な秋キャンプだが、夏の延長線上として考えるのはNG。日中は快適な気温でも、半袖、短パンの軽装では朝晩の寒暖差に適応することは難しい。ショートパンツの下には吸湿性や速乾性に優れたレギンス(スパッツ)を履き、Tシャツの上には薄手のネルシャツやアノラックを用意するべし。寝袋画像はこちら

 また、テント泊の場合には快適使用温度に合わせた3シーズン用のシュラフを使用するか、夏用であればインナーシュラフやブランケットを持って行くことをオススメする。