ガリ傷が防げる「お洒落リムガード」もある!  ホイールに「ちょい足し」お手軽カスタマイズ3選 (1/2ページ)

ガリ傷が防げる「お洒落リムガード」もある!   ホイールに「ちょい足し」お手軽カスタマイズ3選

1度は試したい手軽な小ワザ

 ドレスアップの定番といえばホイール。しかし定番中の定番だけに他人と被る可能性は高いし、長く使い続けていれば飽きてしまうこともあるだろう。そんなときに試したい手軽な小ワザ、探してみると意外に色々あるのだ。

ホイールナット

 まずはお約束のホイールナット。純正の袋ナットはデザインも色もオーソドックスすぎるし、ホイールのデザインによっては使えないケースがある。社外のホイールと同時に交換する人が多いのではないだろうか。ホイールのチョイ足しアイテム

 ホイールナットを選ぶときに、誰もが気にするのはカラーと素材。とはいえ色はホイールやボディとのバランスや、極論をいえば好みで選んでまったく問題はない。注意したいのは材質だ。巷でよく見かける軽量を謳うホイールナットの多くは、アルミのひとつであるジュラルミンだ。ジュラルミン製のホイールナット

 軽さだけじゃなく加工のしやすさもメリットで、ドレスアップに向いた緻密なデザインの製品も多い。ただし熱で緩みやすいことが最大の難点なので、サーキットを走るようなクルマにはNGだし、街乗りでも定期的な増し締めは必須と考えよう。ホイールナットを交換しただけでアクセントになる

 価格こそジュラルミンより高くなるが、クロモリなら軽量で熱による影響も受けにくいので、不安なく乗りたいならそちらを選ぶべし。色のコーディネイトもアイディアしだいで、ホイールやボルトの1本ごとに変えるのもアリ。実は種類が豊富なホイールナット

リムガード

 本命である「チョイ足し」の代表格は、ホイールのリムに貼るステッカーやモールだ。ステッカーはあらためて説明するまでもないが、ロゴなどのワンポイントからリム全周に貼り付けるタイプまで、さまざまなタイプが存在しオリジナルを作ってくれる業者もある。ホイールのガリ傷を防ぐこともできるリムガード

 リーズナブルでDIYもカンタンなので、飽きたらすぐ交換できるのも魅力だろう。それに加えてガリ傷を防ぐ効果まであるのが、リムモールもしくはリムガードと呼ばれるアイテム。名前のとおりリムに装着するプロテクター的な役割で、カラーバリエーションの豊富さはドレスアップに最適だ。脱脂をしたら簡単に取り付けることが可能だ

 材質はシリコンなどでステッカーよりも傷が付きにくいし、すでに付いてしまった傷を見えなくする手段としても使える。エアが漏れたり振動が出るほどの歪みならともかく、走行に支障のない傷ならリムモールを使えば、ドレスアップにも役立って一石二鳥なのだ。

画像ギャラリー