キャンプツーリングの相棒「ハンターカブ」! 地味に使いづらかった「鍵」を自力カスタマイズ (1/2ページ)

キャンプツーリングの相棒「ハンターカブ」! 地味に使いづらかった「鍵」を自力カスタマイズ

CT110ハンターカブを楽しく修理!

 イラストレーターでDIYが大好きな阿部忠雄さんが、26年所有するホンダCT110 ハンターカブ。キャンプツーリングの相棒として、自分好みにカスタマイズを続けている。そんな阿部さんがこれまでいじってきたなかで、「これはオススメ!」なモディファイをお伝えしよう。今回は「鍵」にまつわるカスタマイズ!

4カ所の鍵を「メインキー1本」に統一

 ハンターカブを新車購入してから7、8年が過ぎたころでしょうか、メインキーを回して「ON」にしても、ニュートラルランプが点灯しないことが頻発するように……。「ON」「OFF」を繰り返すと普通に通電するのですが、走行中に勝手に「OFF」になったら困ります。これはメインスイッチ内部の接点不良だと思い、修理することにしました。

 コンビネーションスイッチを取り出すのは、クルマや最近のバイクなどに比べると至って簡単。樹脂カバーを外し、固定している丸ナットを外したら、フレーム内に隠れているスイッチアッセンブリーを引き出すだけです。CT110ハンターカブ

 黒いケースに収まったスイッチ部分を外すためにドライバーでコネていたら、突然ケースの一部が割れて、親指の付け根を「ブスリ!」とやっちゃいました。痛かったけど割れてくれたおかげで、難航する部分を簡単に分解できました。まさに「怪我の功名」です。開いてみると予想どおりスイッチ部分には緑青が発生していて、明らかに接触不良が始まっています。CT110ハンターカブ 細目のペーパーを掛けて酸化した金属表面をひと皮むき、コンパウンドで磨いてからグリスを薄く塗り、ケースを元に戻します。スイッチの通電が回復したのを確認したら本体にセットして修理完了です。CT110ハンターカブ

キーロックが必要なところが5カ所もある! これは不便だ

 そういえば、キー関連でずっと気になっていたことがありました。私のハンターカブには、メインスイッチとハンドルロックと荷台に付くヘルメットホルダー、それにサブタンクのロック(これもヘルメットホルダーを兼ねる)とリヤボックスのロックなど、キーロックが必要な部分が5カ所もあるのです。CT110ハンターカブ

 リヤボックスの鍵はタイプが違うので仕方ないとして、ほかの同じタイプのキーシリンダーは、メインキー1本で使えるようにできれば便利に違いありません。では「怪我の功名」ついでにキーシリンダーの改造に取りかかります。シークレットな部分なので少し取り外しが面倒ですが、ハンドルロックとヘルメットホルダーのアッセンブリーを摘出しました。これをさらに分解してキーシリンダーだけの状態にします。CT110ハンターカブ

画像ギャラリー