「思わず笑みがこぼれる走りっぷり!」レースカメラマンがこよなく愛する「AE85改ハチロク」 (1/3ページ)

「思わず笑みがこぼれる走りっぷり!」レースカメラマンがこよなく愛する「AE85改ハチロク」

レースカメラマンが愛する「AE85」

 今回紹介する田村 弥(わたる)さんは、レースカメラマンを生業としつつ、数多ある自動車媒体でも活躍する売れっ子だ。氏の愛車は日産初代プリメーラとトヨタ・スプリンタートレノの2台態勢。初代プリメーラを1994年に新車で購入し、その後スプリンタートレノを2003年に増車した。AE85改ハチロク

 スプリンタートレノと聞くと漫画「イニシャルD」で有名になったあのAE86!? かと思うがさにあらず。確かに写真を見る限りAE86なのだが、正確にはこのクルマ、AE85なのだ。AE85というのは、AE86とボディは一緒ながら、1.5L直4のシングルカムエンジンを搭載した下位グレード「SR」。田村さんは一体なぜ、AE85を手に入れ、長年所有しているのだろうか?AE85改ハチロク

じつは苦手だったハチロクだけど縁がありAE85のオーナーに

「そもそも、当時はAE86って興味はなかったんです。むしろちょっと苦手というか。2000年代初頭、ハチロクは改造され過ぎて、壊れるイメージがとても強かったんですよ」

 田村さんは2003年ごろ、AE86をメインとした雑誌連載の撮影を請け負うことになった。連載企画のテーマは「AE85をベースにAE86を作る」。当時AE86はクルマ好きに愛されてはいたが「入門機」として酷使されていた。またサビも発生しがちで、はっきり言えばコンディションが悪い個体が多かった。

 ところが下位グレードのAE85はクルマ好きには人気がなく、いわゆる普通に乗られていた個体が多かった。細かい装備内容の違いはあるが、AE85とAE86の大きな違いはエンジンのみ(これは間違いだったことが判明するのだが、後述)。AE86には1.6L直4の名機「4A-G」が搭載されている。AE85改ハチロク

「そこである有名なショップが『だったら、程度のいいAE85を買ってきて、エンジンを4A-Gに載せ替えてしまおう。ボディをレストアするよりそっちの方が安上がりだから作ってみよう』と。その製作工程を追う企画でした」

 だが、ひょんなことから、まさに今から取材することになるAE85のオーナーになることになってしまったのだ。

「ベース車のAE85は3台あり、レビンの3ドアもあったのですが、奥さんに相談したところ『リトラクタブルヘッドライトがいい』ということで、3ドアのスプリンタートレノを選びました。状態がとても良く、分解してしまうのがもったいないほどでしたが」

 令和の現在では考えられないほど贅沢(AE85も希少)な状況だが、当時AE85は捨て値同然でゴロゴロしていた。田村さんのものになったAE85の走行距離は15万kmくらいの後期型で、大切に乗られていた個体だったそうだ。AE85改ハチロク

レースカメラマンの田村弥さんは日産初代プリメーラとトヨタ・スプリンタートレノを所有する。後者のスプリンタートレノは、人気のAE86ではなくAE85のエンジン載替車。一体なぜハチゴーを手に入れたのか? オーナーが語る「旧車ストーリー」