日産GT-R2022年モデル発表! 100台限定のT-specにはミレニアムジェイドとミッドナイトパープルを採用 (1/2ページ)

日産GT-R2022年モデル発表! 100台限定のT-specにはミレニアムジェイドとミッドナイトパープルを採用

この記事をまとめると

■NISMO譲りの専用アイテムを装備した100台限定
■R33GT-Rから採用されてきたミッドナイトパープルを進化
■R34型スカイラインGT-Rの限定車「ニュル」と同じ車体色を採用

R34ニュルを彷彿とさせる特別な1台

 日産自動車は、先日発表されたNISSAN GT-R NISMO 2022年モデルに続き、ベースモデルとなるNISSAN GT-R 2022年モデルを発表。同時に限定モデル「T-spec」も公開された。

ミレニアムジェイド

登場から10年以上進化を続けてきた集大成

 現行モデルとなるR35型は、2007年10月にデビュー。世界の名だたるスーパースポーツカー並みの高性能を秘めながら、777万円からというある意味バーゲンプライスで発売されて話題となった。

R35 MY07

 以降、毎年のように改良を重ねる“イヤーモデル”が登場してきた。運動性能を磨き上げてきた。2016年には初の大幅改良モデル「17年モデル」に進化を遂げる。その間に各種特別仕様車に加え、Spec VやEGOIST、そしてNISMOなども誕生した。

Spec V

 そして、今回登場するのがT-spec。ベースとなるのは、最上級モデルとなるプレミアムエディションと、GT-R NISMOのノウハウや採用技術を流用し、見た目はベースモデル同様のエアロパーツを身にまとったトラックエディション・エンジニアードバイニスモをベースにした2タイプが用意される。

 T-specは、GT-Rの在り方やその次代を牽引するクルマであり続けるという願いを込めた「Trend Maker」、しっかりと路面を捉えて駆動する車両という開発時のハードウェアに対する考えを表す「Traction Master」のTを用いている。

T-specエンブレム

 どちらもNISMOに投入されている、高性能なアイテムが多数採用されている。両車に共通するアイテムとしては、サーキットでの連続周回でも高い耐久性を誇る専用カーボンセラミックブレーキを採用。

カーボンブレーキ

 また、従来ブラックカラーのNISMO専用ホイールを、ブロンズカラーにペイントしたT-spec専用が組み合わされている。さらに、カーボン製リヤスポイラー、専用エンジンカバー、前後専用バッジを備えた。

ブロンズカラーのホイール

 さらに、エンジンカバーもゴールドカラーで専用開発。R34のニュルに採用された専用カラーのエンジンカバーを彷彿とさせる。

エンジンカバー

 トラックエディションベースの専用アイテムは、オプション装備だったNISMOと同様のカーボン製ルーフ、カーボン製トランクリッド(トリムレス/本革プルストラップレス仕様)が与えられている。足まわりなどもNISMO同様となっている。

トラックエディション

 一方プレミアムエディションは、足まわりもT-spec専用にリセッティングが施される。また、専用カラーの特別なインテリアを採用。より一層、上質さに磨きをかけていると言ってもいいだろう。

プレミアムエディションのシート

画像ギャラリー