「広島カープ」ファン垂涎のキャンピングカー「ホビクル・カープ仕様車」が展示販売中

「広島カープ」ファン垂涎のキャンピングカー「ホビクル・カープ仕様車」が展示販売中

限定2台のマツダ・ボンゴブローニイ「ホビクル・カープ仕様車」

 キャンピングカーの製造販売を手がける株式会社レクビィから、注目のキャンピングカーが発表・発売されている。その名も「ホビクル・カープ仕様車」。

  カープとは、言わずと知れたプロ野球球団、広島東洋カープ。ファンのご要望に答えた待望のキャンピングカーかと思いきや(当然引く手あまたかとは思われるが)、作られた経緯はレクビィの車両製作工場の拠点を広島県福山市に新設した記念に計画されたものだという。ホビクル・カープ仕様車テーブル設定 レクビィは愛知県瀬戸市に本社を構えているが、広島県福山市はキャンピングカーを作るための内装の素材が地元産業との提携で多々まかなわれるため、工場新設の立地として格好の場所なのだという。

 マツダ・ボンゴブローニイをベースに作り上げられた「ホビクル・カープ仕様車」は、ボディ側面に「Carp」ロゴと硬式球の縫い目模様が鮮やかなレッドで施され、まさに鯉の躍動を思わせるデザインだ。内装もまた広島東洋カープのイメージをふんだんに味わえる赤白の配色、収納されているベッドシート、テーブル、刺繍などのそこここでは、地元福山の素材サプライヤーの高品質が味わえるものとなっている。もちろん広島東洋カープ承認であり、車内のボディ後部には、「しゃもじを叩かずとも、手を合わせて拝められる」だろうと思われるクリアボード額に「広島東洋カープ」の証紙が供えられていた。ホビクル・カープ仕様車の証紙 キャンピングカーとしての基本的な装備は、春に発表になっている「オーバーランダーIV」の機能を踏襲している。6人乗りのボンゴ・ブローニイGLだが、2列目シートのアレンジで大人ふたりのベッドにも、テーブルダイニングにも、リヤラゲッジスペース確保など、いろいろと使い勝手が変えられる。ホビクル・カープ仕様車ベッドシート

  カープ仕様車は限定2台ほどだが、福山市のマツダ販売店「マツダオートザム福山南」で9月17日から10月3日(予定)まで、展示販売されている。購入希望者が多い場合は、抽選での販売になる。購入問い合わせは、現地、もしくは専用メールアドレスにて受け付けとのこと。

ホビクル・カープ仕様車

■主要諸元
ベース車:マツダ・ボンゴ・ブローニイGL
全長  :4695mm
全幅  :1695mm
全高  :1980mm
乗車定員:6名
就寝定員:大人2名
■当社希望車両本体価格(登録に伴う税金・保険・登録手続費用を除く)
【ホビクル・カープ仕様車】
ベース車:ボンゴ・ブローニイ 5ドアGL
2WD ガソリン  消費税込 500万5000円
4WD ディーゼル 消費税込 583万円※今回の展示車
■ホビクル・カープ仕様車の主な特長
・専用デカール
・カープイメージの内装色、専用家具、テーブル
・シートの「Carp」刺繍
・前向き、後向き、ベッドにもなる2列目シート
・専用ダイネットテーブル
・伸縮式ベッドレールエクステンドスライダー(実用新案出願中)
・軽量かつ強度に考慮した独自素材芯入り軽量ベッドマット
・上下3段階で使用可能なベッド配置用レール
・室内断熱(屋根・側面・床面)
・木目調クッションフロア
・12Vソケット×2(イグニションON時通電/常時通電の各1)

【問い合わせメールアドレス: camper@maz-fukuyama.com 】 

画像ギャラリー