「社外パーツてんこ盛り」は本当にお得か? 間違いだらけの「中古カスタマイズカー」選び (1/2ページ)

「社外パーツてんこ盛り」は本当にお得か? 間違いだらけの「中古カスタマイズカー」選び

この記事をまとめると

■一部の例外を除きカスタマイズ車は割安な場合も
■劣化しないアイテムが装着されている場合はアリ
■走行距離に応じて劣化するアイテムは要注意

改造車は安価に購入できる可能性ありだが……

 中古車の醍醐味はさまざまだ。憧れのクルマを安く手に入れることができる点や、すでに新車で購入することができないモデルを購入できるといった点がメリットとして挙げられる。

 そしてもうひとつのメリットとして挙げられるのが、社外パーツ付の個体を手に入れることもできるという点だろう。基本的に社外パーツというのは、よほどの専門店でない限りは大幅なプラス査定とはならない。そのため、あとから同様のものを購入して装着するよりも、圧倒的にリーズナブルに自分のものにすることができるのだ。

マフラー交換車 では、社外パーツがテンコ盛りの個体はお得と言えるのか? それともリスクがあると言えるのか? 気になっている人もいるのではないだろうか。

装着されていればお得なアイテム

 まずお得なパーツとして挙げられるのは、消耗部品以外のもの。例えばアルミホイールやエアロパーツといったものが代表的なものと言えるだろう。これらは基本的に定期交換が必要な消耗品ではないため、装着されていたらお得ではないだろうか。

アルミホイール交換車 ただし、自分の好みとはまったく異なる物だった場合は当然ながらお得ではないし、すでに傷だらけで状態が良くないものでは補修の手間や費用を考えると損の場合もあるので冷静に吟味したい。

 またいくら好みのものが装着されていたとしても、できれば純正パーツが残っている方が好ましい。カスタマイズ需要の高いクルマでは純正部品はどんどん処分されてしまいがちだが、あるときを境に純正部品に価値が出てくる場合も少なくなく、嬉しい臨時収入の元になってくれる可能性もあるのだ。

画像ギャラリー