「アウトドアの煮出しコーヒー」をお茶の間で満喫! 自宅でも使い倒せる「意外なキャンプグッズ」5選 (1/2ページ)

「アウトドアの煮出しコーヒー」をお茶の間で満喫! 自宅でも使い倒せる「意外なキャンプグッズ」5選

外だけじゃない! 家で使えるキャンプギア

 比較的安心・安全なレジャーと言われるキャンプ。緊急事態宣言発令地域が広がっている今、やはり不要不急のキャンプは控えたほうがよく、ふたたび#おうちキャンプに焦点があたっている。手元にあるキャンプ道具を使って、自宅で楽しむにはどうしたらいいのだろうか。今回は家で使えるキャンプギアを紹介していこう。

煮出しコーヒーを極める

 北欧のレンメルコーヒーは、ドリップするのではなくケトルに粉をいれて煮出すという非常にシンプルで原始的ないれ方を提案している。温めた湯に粗挽きのレンメルコーヒーを振り入れ火にかけるのだが、その後のいれ方は十人十色。

 沸騰して全体に泡で覆われたら火から外し、湯を落ち着かせてからまた火にかけるという方法でも、沸騰直前で火からおろしてフタをしてじっくり待つという方法でもいい。キャンプ道具でコーヒーを淹れるたのしみもある 焚き火との相性がいいコーヒーだが、自宅のガスバーナーでいれても問題はない。正解はなく、好みの味を目指していろいろないれ方を試すのがレンメルコーヒーの真骨頂だ。外出自粛中だからこそ、思う存分いれ方を試したり、コーヒー豆がカップに入らない角度を試したりできる。

鉄鍋をオーブンにいれてハードブレッドづくり

 カンパーニュやサワードゥなど、気泡がたっぷりはいったハードブレッドを焼くには高温が必要だと言われているが、オーブンを開くと一気に庫内の温度が下がる。パンづくりができるとうたった電気オーブンでない限り、最高温度が250℃もあればいいほうで、普通の電気オーブンではなかなかうまく作れないのが現実だ。鉄鍋をオーブンにいれてハードブレッドを作ることも その悩みを解消するのが、かつてニューヨーク・タイムズで紹介された「こねないパン」。熱した鉄鍋に生地を入れ、そのまま予熱しておいたオーブンにいれて焼き上げるというもので、蓄熱性も密閉性も高い鉄鍋のおかげで、温度低下をカバーできるのだ。

 写真はクープがあまりきれいに開いていないけれど、皮がパリッとして今までにない出来となった。

画像ギャラリー