車いすレーサー青木拓磨、長年の夢だった「ル・マン24時間レース参戦」を終え「激戦」を振り返る (1/2ページ)

車いすレーサー青木拓磨、長年の夢だった「ル・マン24時間レース参戦」を終え「激戦」を振り返る

この記事をまとめると

  • 車いすレーサーの青木拓磨選手が長年の夢だったル・マン24時間レースに参戦
  • ドライブしたLMP2マシンのハンドドライブ機構が不完全ながらも無事に完走
  • 「気分は爽快だけど」青木選手が語る「これからの挑戦」と「見果てぬ夢」

車いすレーサーがル・マン24時間に初参戦

 2021年のル・マン24時間レース(8月21日-22日決勝)は、ハイパーカーが導入された初の大会であった。TOYOTA GAZOO RacingのGR010 HYBRID7号車(M.コンウェイ/小林可夢偉/J-M.ロペス)がポールポジションからスタート。371周を走行して無事にチェッカーを受け、ハイパーカーとして初の優勝車両になり、トヨタはこれで2018年の初優勝から4連覇を達成した。

青木拓磨、初のル・マン24h参戦を終えて

 その第89回ル・マン24時間レースに、車いすドライバーの青木拓磨選手も初参戦した。そして帰国後2週間の自主隔離を経て、自ら主催している国内イベントに顔を出している。この日もHDRS(ハンド・ドライブ・レーシング・スクール)で指導も行っていた。あの感動から約ひと月、拓磨選手の今の想いを聞く機会を得ることができた。

HDRS

不慮の事故を負った青木選手が長年追いかけてきた「ル・マン出場」という夢

 青木拓磨選手は、世界ロードレース選手権(WGP、現モトGP)GP500クラスにフルエントリーで挑戦を開始した翌年、シーズン前のテスト中の事故により脊椎を損傷し車いす生活を余儀なくされた。その結果、2輪ライダーから4輪ドライバーへ転向してレース活動を展開。サーキットレースだけでなく、ダカールラリーやアジアンクロスカントリーラリーに出場してきた。

青木拓磨のル・マン24時間レース参戦

 今回のル・マン参戦は、そんな拓磨選手の長年の夢であった。彼が事故後に自身の目標として掲げたひとつが、「2輪でレースができなければ4輪。できれば世界一のレースであるル・マン24時間レースに出たい」ということだった。

 今回拓磨選手とともにル・マン24時間レースに挑戦したのは「SRT41チーム」。チーム代表であるフレデリック・ソーセ氏は、人喰いバクテリアによる四肢切断となってしまってからレース活動をスタートさせ、2016年にル・マン24時間レースに出場した経験を持つ。そのソーセ代表が次に目指したのがこのプロジェクトであり、2018年からの3年計画でル・マン24時間レース参戦を目指すというものであった。

コロナ禍の影響で2020年のレース参戦は断念

 2018年にフランス国内選手権への参戦からスタートした。2019年には欧州のヨーロピアン・ルマン・シリーズ(ELMS)に参戦、2020年にはマシンをLMP3からLMP2マシンへとスイッチし、ル・マン24時間参戦をする予定であった。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあって事前に予定していたELMSへの参戦も予定通りにいかず、チームは2020年のル・マン24時間レース参戦を断念。代わりに2021年大会に向けて準備を重ねてきた。

青木拓磨のル・マン24時間レース参戦

 SRT41は、当初は障がいを持つドライバーで構成されていたが、このコロナ禍で2018年に加入していたドライバーのひとりがチームから離脱。ベルギー人のナイジェル・ベイリー選手(下半身不随)と青木拓磨選手、そしてリザーブドライバーとして登録していた健常者ドライバーでフランス人のマチュー・ライエ選手という3人のドライバーでこのレースを戦った。

青木拓磨のル・マン24時間レース参戦

 今回SRT41が用意したマシンは、コンストラクターであるオレカが製作したハンドドライブ式のオレカ07ギブソン。このマシンで、ル・マンの「イノベーティブカー」クラスへ参戦となった。車両は手動装置を載せたことで、通常のオレカ07ギブソンに比べ重量で20kg重く、ハンドドライブ機能は新たにブレーキ操作のためのレバーを備えている。これを前方に押すことでブレーキ操作し、レバー先端にあるボタンはシフトダウンとなる。また、ステアリングのパドル操作で、アクセル、シフトアップ、クラッチの操作をする。ブレーキ操作の強さであったり、クラッチワークといったハンドドライブ機構の煮詰めが足りないところもある。

青木拓磨のル・マン24時間レース参戦

 また、SRT41のチームには特別にドライバー交替はピット内で行わなければならないというレギュレーションも課されていた。車両横まで車いすで移動することや交替のために介助スタッフをつけることから、そのような措置となったが、ほかのLMP2マシンよりも多くピット時間を割かなければならないといったハンデもある。

画像ギャラリー