35周年を迎える「フレンチブルーミーティング」!  今年もオンライン開催が決定 (1/2ページ)

35周年を迎える「フレンチブルーミーティング」!  今年もオンライン開催が決定

この記事をまとめると

  • フレンチブルーミーティングは今年で35回目を迎える
  • 昨年に引き続きオンラインで開催
  • ファンなら見逃せないコンテンツが充実

今年も注目のコンテンツが目白押し

 秋のフランス車の祭典「フレンチブルーミーティング(以下:FBM)」。フランス車好きなら知らない人がいないほど有名なイベントだ。2021年も昨年に引き続き、オンラインで開催すると発表された。日時は10月2日(土)15:00〜3日(日)15:00となっている。

 1987年に20台ほどのフランス車が、長野県茅野市と諏訪市の境目に位置する車山高原に集まったことから始まったFBMは、2021年で35回を迎える。同イベントは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年はオンラインで行われた。にも関わらず、1万5000人ものフランス車ファンがイベントの模様を楽しんだ。フレンチブルーミーティング2021

SAVE ドミニクドゥーセはFBMと同じ35周年

 今年のFBM でいちばん注目されるであろうコンテンツは、「SAVE ドミニクドゥーセの店(パンや洋菓子の販売)」だ。長年、FBMに出展している同店は、前夜祭では子どもや女性にフランスの洋菓子「カヌレ」を配布している。奇しくもドミニクが日本に来たのも 1987年であり、FBMと同じ35周年を迎えるほど日本のファンに長く親しまれている。

 しかし、今年の5月24日の夜、主力商品であるカヌレを製造する工場が全焼してしまう憂き目に。幸い人的被害はなかったが、大きな痛手を負った。そこで、長年の親交のあるFBMでは今回のイベントでドミニクドゥーセの店とのコラボステッカーを作成し、チャリティ販売する予定だという。

画像ギャラリー