ル・マン24時間レース参戦チームオーナーが愛用する最新医療用車イス「Genny」とは? (1/2ページ)

ル・マン24時間レース参戦チームオーナーが愛用する最新医療用車イス「Genny」とは?

セグウェイの技術を転用した最新の医療用車イス「Genny」とは?

 2016年のル・マン24時間レースの特別出走枠で、自身がドライバーとしてエントリー。そして2021年にはチームオーナーとしてイノベーティブカー・クラスからル・マン24時間レースに参戦したフレデリック・ソーセ氏は、人喰いバクテリアによって四肢切断という障がいを負った人物である。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

Gennyに座るソーセ氏画像はこちら

 そして2021年大会では、同じく下半身にハンディキャップを抱える日本のレーシングドライバー青木拓磨選手も、このソーセ代表率いるSRT41のドライバーとしてル・マン24時間レースに出走した。 そのソーセ氏がサーキットでつねに愛用しているのが、世界初の自立式医療用車イスであるGenny(ジェニー)だ。電動の車イスともいえるが、メインの車輪ふたつでバランスを取って自立しているのが特徴だ。操作はハンドルバーが備えられているが、バーを使用しなくても自立と走行を可能にしている。

医療用車イスのジェニー画像はこちら というのも、じつはこのデバイスにはなんとSegway(セグウェイ)のセルフバランシングが搭載されているのだ。つまり、セグウェイの車いす版といった感じだ。だからハンドルバーを使用しなくても体幹があれば操作することができる。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

ジェニーのタイヤ&ホイール画像はこちらセグウェイとは違いスタンドの装備で自立することができる

 残念ながらセグウェイは日本国内での普及という点では成功を見なかったといえるため、実際に目にしたことはあっても、体験乗車した人は少ないことだろう。でもそんなセグウェイに乗った人ならわかると思うが、一番最初に身体を預けるのがなかなか怖い。そのため最初は、多くの人がセグウェイの上でガクガクしながら乗車。もちろん慣れればこれもなくなるのだが……。

ジェニーの伸縮式スタンド画像はこちら そこでこのジェニーがセグウェイと異なるのは、乗降の際は伸縮式のスタンドが出ており、完全に固定された椅子に座るような状態で着座し、そこから走行準備に入ることができるので違和感なく移動できるのだ。

ジェニーの操作パネルとバッテリー残量計画像はこちら