駐車場でスバル車を並べたがる? 熱量が激アツすぎる「スバリスト」の生態とは (1/2ページ)

noteで書く
駐車場でスバル車を並べたがる? 熱量が激アツすぎる「スバリスト」の生態とは

この記事をまとめると

  • スバル女子ライターがスバリストの生態をリポート
  • スバルのすべてにベタ惚れ
  • 我が道を行くブレない姿勢が大好き

使い勝手の良さと安全性能の高さでレヴォーグを購入

 いまから5年前、ステーションワゴンが欲しいな〜と考えていたとき、新聞の折り込みチラシでレヴォーグが目に止まりました。ステーションワゴンを新車で販売しているほかのメーカーは多くないし、輸入車も検討しましたが故障や価格も気になるので、レヴォーグの一択でした。ラピスブルーのレヴォーグ1.6

 ステーションワゴンの魅力は、低くスタンスと長いフォルムに加えて、なによりも荷物がたくさん積めるところでした。セダンに乗り換えたいまは、やっぱりステーションワゴンは便利だったな〜とあらためて思います。アイサイト試乗体験

 購入の決め手はレヴォーグを試乗したことです。そこで初めて環境性能や安全運転支援システムのアイサイトの機能を知り、「あっ、スバル良いかも!」と思ったからです。ボディカラーはブラックにしようと考えていましたが、クルマに詳しい友人から「スバルならやっぱりブルーだよ。女の子でブルーは珍しいと思う」と言われ、ほかの人とかぶりたくなかったのでブルーを選びました。ちなみにスバルと言えばブルーだと言うことも、その当時は知りませんでした。

他ブランドとは一線を画すこだわりの走行性能に惹かれる

 クルマを選ぶ基準は「カッコよくて、荷物を積むことができて、馬力があって速い!」を条件にしていましたが、日常的なランニングコストを考えて、レギュラー仕様の1.6Lモデルを購入しました(2Lモデルはハイオク仕様)。2Lよりも燃費が良い1.6Lですが、私自身はあまり燃費を気にしたことはありません。スバル車は燃費性能が決して悪いわけではありませんが、それに加えてスバルの魅力である水平対向エンジンやシンメトリカルAWDなど走行性能に重きが置かれています。スポーツモデルのような走りを見せるステーションワゴンのレヴォーグ

 少し時代に逆行するような、ほかとは違うところにエネルギーを注いでいて、譲れない信念があるような、そんなところに惹かれました。

noteで書く

画像ギャラリー