ダイハツ・タントが一部改良! 電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドなど先進安全装備が充実

ダイハツ・タントが一部改良! 電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドなど先進安全装備が充実

この記事をまとめると

  • 先進安全装備の充実がおもな内容
  • ダイハツ初のカーブでの姿勢安定装置を追加
  • 福祉車両も同様の改良が施される

カーブで安定した走りをサポートしてくれる機能も登場

 ダイハツ工業は、広々とした室内空間が魅力のタントを一部改良。先進安全装備の充実など魅力をアップさせた。メーカー希望小売価格は、タントが124万3000円〜202万4000円(税込)、ウェルカムターンシート(回転シート車)が145万円〜201万円(非課税)、ウェルカムシートリフト(昇降シート車)が160万5000円〜216万5000円(非課税)、スローパー(車いす移動車)が143万5000円〜201万5000円(税込)。

タントフロントイメージ タントは初代モデルが2003年に発売され、2代目では軽自動車初のピラーインドア「ミラクルオープンドア」を採用するなど、ライバルを圧倒するような室内空間の広さや使い勝手を追求したモデルとして支持されてきた。

 現行モデルは2019年7月に登場し、ダイハツの新しいクルマづくりである「DNGA」採用第一弾となる。また、福祉車両のタント・フレンドシップシリーズは、2020年度における福祉車両車名別国内販売台数No.1を記録している。

福祉車両 今回の一部改良は、先進安全装備の改良がメインとなる。基本的にはフレンドシップシリーズも同様の改良が施されている。Xターボ、カスタムRS、カスタムRS“スタイルセレクション”に電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、コーナリングトレースアシストを標準装備した。ダイハツ初となるコーナリングトレースアシストは、カーブに差し掛かった際、ブレーキを補助して遠心力に負けないよう安定した姿勢を保つようにサポート。安全運転に貢献してくれるという機能だ。

インパネ X、Xカスタム、カスタムX“スタイルセレクション”には、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能、コーナリングトレースアシストなどを含んだ「スマートクルーズパック」をメーカーオプションとして設定。装備内容をさらに充実させている。

タント走り そのほか、ボディカラーも一部変更し、プラムブラウンクリスタルマイカやターコイズブルーマイカメタリックを追加したことで、選択肢の幅が広がった。詳しい改良内容などは下記の通り。

Xターボ/カスタムRS/カスタムRS“スタイルセレクション”(フレンドシップシリーズ共通)

・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド機能
・コーナリングトレースアシスト

X(フレンドシップシリーズ共通)/カスタムX/カスタムX“スタイルセレクション”

「スマートクルーズパック」としてメーカーオプション設定
・全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド機能
・コーナリングトレースアシスト
・LKC(レーンキープコントロール)
・スマートクルーズ専用ディスプレイ
・ステアリングスイッチ(運転支援用)
・ETCユニット
・ドライブアシストイルミネーション(エコドライブアシスト照明付)

ダイハツ工業は、スーパーハイト軽として人気のタントを一部改良した。電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド、コーナリングトレースアシストなど、先進安全装備を充実させている。同時に福祉車両「フレンドシップシリーズ」も、同様の改良が施された。