便利なのになぜ?「パワースライドドア」を標準装備しないミニバンが存在する「もっともな理由」とは (1/2ページ)

便利なのになぜ?「パワースライドドア」を標準装備しないミニバンが存在する「もっともな理由」とは

この記事をまとめると

  • 今や軽自動車にも標準装備されている
  • 両側標準化には10万円以上の価格アップの可能性
  • 海外では安全のためすぐに閉められる手動が主流

グレードによってはオプションでも装着不可な場合も

 確かにスライドドアはパワーでないと、イージークローザー機構が付いていたとしても開閉が重く、細腕女性やシニアにとっては開閉するのが大変ことも。

 一方パワースライドドアは、今ならリモコン操作は当然として、スイッチに触れるだけ、もしくは手をかざすだけで開閉できる(予約機能もある)メリット絶大。しかも、運転席に座ったままでもスイッチによってスライドドアを開閉できる。例えば、ドライバーが下りる前に右側のパワースライドドアを開け、サッと後席に置いた荷物を取り出せる。

リモコンキーとLクラスミニバン また、雨の日に傘と荷物を持った家族を迎えに行った際、ドライバーは車外に出ることなく、左側(歩道側)のスライドドアを“もてなしの心”で開けてあげられるのだ。スライドドア車を一度でも所有したことがあり、パワースライドドアが付いていれば、その恩恵は痛いほどわかっているはずだ。

車内スライドドアスイッチ しかし、国産最高峰ミニバンのアルファードクラスになれば、今では全グレードに両側パワースライドドアが付いている。だが、例えばその下のクラスのトヨタ・ノア&ヴォクシーでは、助手席側パワースライドドアは全グレードに装備されるものの、上記のように、おもにドライバー=所有者にとって便利な運転席側パワースライドドアは6万2700円(税込)のオプションだ。

アルファード 軽自動車のN-BOXでは、助手席側パワースライドドアは、奮発して(!?)全グレードに標準装備されるのだが、さすがに運転席側のパワースライドドアは5万5000円(税込)のメーカーオプションとなる。同じく軽自動車の最新モデル、スズキ・ワゴンRスマイルでは、ワンアクション両側パワースライドドアがハイブリッド車には贅沢にも標準装備される。しかし、ガソリン車のGグレードはオプションでも装着できないのである。ざ、残念だ。

ワゴンRスマイル

画像ギャラリー