「シャコアゲ」に「でこぼこタイヤ」! 愛車をアウトドア仕様にするための「5つのポイント」 (1/2ページ)

「シャコアゲ」に「でこぼこタイヤ」! 愛車をアウトドア仕様にするための「5つのポイント」

この記事をまとめると

  • クルマをアウトドアで見てくれの良いスタイルにするポイント
  • オフロード走行に見合ったスタイルがある
  • キャンプに出かける時に役立つスタイルがある

リフトアップ

 アウトドア系カスタムの王道といえば、やはり車高を上げる「リフトアップ」だろう。元々は、いわゆるクロスカントリー系の競技用車両などが、段差やわだちなどがある未舗装路や雪道などを走るため、高い車高にすることで走破性を上げることが主たる目的だった。だが、現在では公道を走るクルマでも、そういった「上げ系」カスタムは、ワイルドなスタイルを手に入れられることで人気だ。ただし、普通の舗装路も走ることを考えると、あまり車高を上げすぎると直進安定性が悪くなるし、車検にも通らなくなる。ちょいあげスタイル そこで、おすすめなのが構造変更が不要な40mmまでの「ちょい上げ」スタイル。この程度であれば、舗装路の走行性や乗り降りのしやすさを犠牲にせずに、オフロード車的な雰囲気を出すことができる。また、40mmまでの車高上げなら、大がかりなカスタムも不要だ。ロングスプリングや車高調を使ってあげることが可能であるため、比較的手ごろにできる。とくに、ジムニーなどオフ系スタイルが人気の車種には、さまざまなメーカーから車高アップの専用キットなども豊富に発売されているから、パーツをいろいろ選べるのもいい点だ。

オールテレーンタイヤ

 リフトアップしたクルマとぜひ組み合わせたいのが、「オールテレーンタイヤ」だ。これは、高いオフロードの走破性を持たせつつも、オンロードでの使い勝手も両立したモデルのこと。タイヤの表面がブロックが並んだようなゴツゴツとした形状なため、ワイルドで高いオフロード感を演出できる。オールテレーンタイヤを履く しかも、こういったタイヤは、マッドトレーンなどの本格的オフロードタイヤと比べ、舗装路でのロードノイズも少なく快適だし、雨の日など滑りやすい舗装路での制動力も考慮されている。もちろん、悪路走破性もある程度は高いため、かなりハードなダートコースを走らない限りは大丈夫。最近は、大型車向けの20インチから軽自動車向けの15インチまで幅広いサイズもあるから、車種を問わず選べるのも魅力だ。

マッドガード/アンダーガード

 ボディまわりのカスタムでは、「アンダーガード」や「マッドガード」もおすすめだ。アンダーガードは、ボディ下まわりを保護するパーツで、多くは金属製のため高いレベルでエンジンや駆動系をガードしてくれる。これも本来は、ハードなオフロードを走るためのパーツだが、見た目にインパクトを持たせる効果もバツグン。街乗りがメインの人でも、装着するだけで目立てる。アンダーガード 一方のマッドガードは、いわゆるフェンダー後部に付ける泥よけのこと。本来は、オフロード走行で、タイヤが跳ね上げる石などがボディにヒットして傷付くことを防ぐことが目的のパーツだが、こちらもワイルドな見た目を演出できる効果がある。車種によっては純正のオプションパーツもあるが、オフ系専門のアフターパーツメーカーから出ているもののほうが、カラーやサイズが豊富なため、より好みに合わせることが可能だ。マッドガード

画像ギャラリー