「なんちゃってSUV」の先駆け! 爆売れした「初代RAV4」の「ヒットの秘密」 (1/2ページ)

「なんちゃってSUV」の先駆け! 爆売れした「初代RAV4」の「ヒットの秘密」

クロスオーバーSUVの先駆け的存在

 1994年、トヨタから突然のようにRAV4(Recreational Active Vehicle 4wheel drive)というクルマが発売される。1989年と1993年にコンセプトカーがモーターショーで展示されていたが、まさかこんなにポップなスタイルで登場するとは! 1990年代はRV(レクリエーショナル・ビークル)の時代だったので、こうしたクルマが出てくるのはおかしなことではないのだが、トヨタはまさに次の一手と言わんばかりにRAV4を発売した。

【関連記事】トヨタ「マークII」はいかにして「ハイソカー」となったのか? 「コロナから生まれた理想のコロナ」だった初代から振り返ろう

トヨタ初代RAV4画像はこちら

RVブーム全盛期に登場したエポックメイキングなクルマだった

 1990年代のRVブームは、三菱パジェロや日産テラノ、トヨタ・ランドクルーザーやハイラックスサーフが牽引したもの。CCV(クロス・カントリー・ヴィークル)などとも呼ばれる、道なき道をどこまでも走れるクルマをあえて普段の市街地で使いこなす格好良さがもてはやされた。ところがこのRAV4。道なき道を走るには不安だが、一般的な日本の悪路も得意なうえ、舗装路での快適性にもこだわっており、いうなればこれがあればたいていのことには困らないよね! という性能を持ったモデルで登場した。トヨタ初代RAV4画像はこちら ランドクルーザーのように強固なフレームボディは持たないが、小さくてランドクルーザーよりも市街地での快適性は高く、取り回しも燃費も良い。ライバルメーカーたちの評価は「これはすごい!」もしくは「それが売れるの?」という、大きく分けてこのふたつだったに違いない。トヨタ社内でも不安があったのだろう。月販目標台数は控えめな2000台であった。

 そんな初代RAV4のコンセプトは「アクティブでキュートなフォルム」「オンロードでもオフロードでも楽しめる確かな走り」「洒落たセンスと遊び心」の3つ。リサイクルしやすいように無塗装樹脂部品を多用したデザインは、無骨な面を残しながらも愛嬌のあるスタイリングに仕上げられたこともあり、老若男女に愛されるデザインに仕上がっていた。初代RAV4を振り返る画像はこちら そのデザインを引き立たせるボディカラーも、当時のプレスリリースには「鮮やかなブルー、シックなグリーンをはじめワインレッド、ダークブルーと、フォルムを際立たせる全4色を設定している」とある。

 実際に街なかでイメージカラーのブルーのRAV4を見かけた方も多いだろう。その鮮やかなカラーの愛らしいスタイリングは、当時、試乗や撮影をしていた際に「トヨタの新しいジープでしょ」などと、多くのオジ様方から声をかけられた記憶が残っている。本当はジープじゃないですけれど、と言いたかったがそれは野暮だろう。発売直後の注目度の高さは。歩行者から見られることで確信していた。

 ちなみに当時ライバルとされたのはスズキ・エスクードだが、こちらはラダーフレームにパートタイム4WDを持つ本格CCVであり、ボディサイズ以外は比較の対象ではなかった。