「シャコアゲ」「シャコタン」「車中泊仕様」も自由自在!「ハイエース」カスタムが人気を集める理由とは (1/2ページ)

「シャコアゲ」「シャコタン」「車中泊仕様」も自由自在!「ハイエース」カスタムが人気を集める理由とは

この記事をまとめると

  • 商用車のハイエースカスタムが大人気
  • 「アウトドア仕様」「シャコタン」「シャコアゲ」について解説
  • ライバルの日産キャラバンのカスタマイズについてもリポート

キーワードは「アウトドア」「車中泊」「シャコアゲ」

 商用車カスタムで1番人気のベース車といえばハイエース。それは間違いないのだがここ数年、その様相に変化あり。キーワードは「ライフスタイル」。キング・オブ・ガテンなクルマの変わりっぷりと、その仕様の作り方を詳しく紹介していく。ハイエースカスタム最前線初出:CARトップ2021年9月号(一部加筆)

ハイエースカスタムは「サゲ」も「アゲ」も人気

 商用1BOXベースのカスタムの絶対的王者、ハイエース。膨大なパーツ点数や多種多様なカスタムスタイルを内包し、1台のベース車でさまざまな方向性にアレンジ可能だ。ハイエースカスタム最前線 もっとも代表的なスタイルといえばロワード。車高を下げてエアロを巻き、フォルムを作る定番スタイルである。対応パーツ点数が最も多く、取り扱うショップも非常に多い。

 一方、近年盛り上がりを見せているのがアゲ系。ロワードとは逆に車高を上げる(リフトアップ)スタイルだ。こちらはアウトドアやオフロード指向のユーザーに受け入れられ、ゴツゴツ系のオールテレーンタイヤなどとの足まわりコーデが定番。

 大型のレジャーギアを荷室に積み込んで出かけるスタイルは1BOXならでは。このようにライフスタイルをカーライフに反映させるユーザーが多いのもアゲ系カスタムの特徴といえる。

カスタムに必要な最低限のパーツ3選

【シャコアゲ編】

1)タイヤ&ホイール

 アゲ系の定番パーツといえばタイヤ&ホイールだ。極端な話、純正サスでもタイヤ外径をアップするだけで車高は上がり、それが超お手軽なアゲ系だ(外径差に注意)。凹凸が大きいオフロード系のタイヤを組み合わせると、アウトドア志向の雰囲気も出せる。ハイエースカスタム最前線

2)ベッドキット

 アウトドアやレジャー志向の強いアゲ系なので車内にはベッドキットを設置して、出先でもすぐに仮眠できるようにしておきたい。内装カスタムのベースにもなるので、インテリアを自分流にドレスアップする際には方向性を最初にある程度決めておくべし。ハイエースカスタム最前線

3)リフトアップキット

 足まわりでリフトアップするならライトなキット(2インチUP程度まで)が定番。フロントはトーションバーを絞って車高調整、リヤにはシャックルを使うのがもっともベーシックだ。ショックなども含めたオールインワンキットも流通している。ハイエースカスタム最前線

【シャコタン編】

1)タイヤ&ホイール

 ロワードフォルムの定番は大径ホイールの導入だ。ハイエースは6穴&ハイインセットなので、専用ホイールが必要。ただし昨今は20インチモデルなんてのも用意され(通常は16インチや17インチ)、デザインもよりどりみどり状態なのが嬉しい。ハイエースカスタム最前線

2)LEDテールレンズ

 縦型でいかにも商用車然としたハイエースのテールランプだが、アフターパーツはかなり豊富。LEDバーを使ったモデルやシーケンシャルタイプなども用意される。リヤビューを一変させる効果があるのでモデル選びを楽しんでみよう。ハイエースカスタム最前線

3)ローダウンアイテム

 フロントはトーションバーを緩めて車高を下げ、リヤはリーフスプリングにロワリングブロックを使って下げる手法がもっともお手軽。2インチ程度までのロワードで、フォルムと乗り味を両立させるのがライトユーザーの定番だ。ショック交換も効果あり。ハイエースカスタム最前線

画像ギャラリー