「逆転の発想」でアウトドアを満喫したい! 秋こそ「海キャンプ」がオススメの「7つの理由」 (1/2ページ)

「逆転の発想」でアウトドアを満喫したい! 秋こそ「海キャンプ」がオススメの「7つの理由」

逆転の発想で秋に海キャンプを楽しむ幸せとは

 夏は海キャンプが定番だが「暑すぎる」、「混雑している」、「虫がイヤ」などなどデメリットもたくさん。そこで逆転の発想を巡らせ、秋こそが海キャンプの季節と考えてみてはいかがだろうか? ここでは『秋=海キャンプ』と成り得る7つの理由を掲げ、その真意を探ってみたい。

思い返してみるとデメリットが沢山あった夏の海キャンプ

 夏と海は祝日となる「海の日」が制定されるほど、深い関係であることは間違いない。照りつける太陽に青い海、モクモクと湧き上がる入道雲……。絵に描いたような夏の風景ではあるが、海辺のキャンプ場は大混雑し、目指すべき海は芋洗い状態で泳ぐスペースすらない。

【関連記事】キャンピングカーをDIYで自作できる!? 「バンライフ」のためのシェアガレージ「Mobi Lab.」とは

難民キャンプのようなキャンプサイト画像はこちら もちろんキャンプスペースも満杯で、夜になればあちこちで花火の爆裂音が響き渡るというのがお約束。テント泊では地獄のような熱帯夜や飛び回る虫に苦しめられ、撤収後の帰路では大渋滞に巻き込まれてしまう。正直、夏の海キャンプは「参加すること」が目的になってしまい、「楽しむ」ことは二の次、三の次になっているのが現状である。

【秋の海キャンプがおすすめの理由:01】

人々は山キャンプに出かけ静けさを取り戻す

 そう考えたとき、本当に海キャンプが楽しめるのは「夏キャンプ」におけるネガティブな要素がすべて解消される「秋」ということになる。秋シーズンに海キャンプを推奨するひとつ目の理由は、秋になるとキャンパーたちは「秋=紅葉」のイメージを膨らませ、渓谷や高原などの山系キャンプ場へと活動の場を移していくことだ。絶景をひとり占めできるキャンプ場画像はこちら あれほどの喧騒を見せた海系キャンプ場は静けさを取り戻し、フリーサイトを独り占めしてのんびりと過ごせるのは大きな魅力である。

【秋の海キャンプがおすすめの理由:02】

過ごしやすい気候で初心者にとっても最適

 第2の理由は、秋は気温も落ち着きテント泊では熱中症や熱帯夜を気にすることが少なくなること。夜間には涼しい風が吹き、焚き火も存分に楽しめる。また、冬ほどの寒さ対策を必要とせず、軽装備でキャンプが楽しめるので初心者キャンパーにとっても最適のシーズンといえるだろう。快適な秋キャンプ画像はこちら

【秋の海キャンプがおすすめの理由:03】

虫たちが奏でる夕暮れのシンフォニーを堪能できる

 海に限った話ではないが、秋は気温が下がり「うざい」と思っていた虫たちも姿を消す。といっても蚊やブヨ、蛾などの虫たちが姿を消すだけであって、夕方には赤とんぼを眺め、夜になるとコオロギやキリギリスたちが奏でる虫の音を楽しむことができる。夕方の潮騒画像はこちら そこへ潮騒の奏がアンサンブルになって快適な環境で自然が楽しめるというのも、秋の海キャンプの大きな魅力といえる。