15W充電も可能! ECサイト「湘南ガレージ」にてR32GT-Rロゴ入りワイヤレス充電トレー発売中

15W充電も可能! ECサイト「湘南ガレージ」にてR32GT-Rロゴ入りワイヤレス充電トレー発売中

デスクがスタイリッシュになること間違いなし!

 スカイラインGT-RやRX-7など、国産名車とコラボレーションした魅力的なグッズを販売するワキプリントピア。同社が運営するECサイト「湘南ガレージ」にて、「ワイヤレス充電トレー スカイラインGT-R(BNR32)」の販売を開始した。3980円(税込)。

 このワイヤレス充電トレーは、製造元であるディーフ株式会社がクラウドファンディングサイトであるMakuake(マクアケ)にて公開し、製品化を実現したアイテム。これに、カーボン柄の型押しとスカイラインGT-R(BNR32)のエンブレムロゴをデザインした、オリジナルアイテムとなる。

Qiに対応し15W充電も可能

 スマートフォンにケーブルを接続することなく、トレイに置くだけで充電が可能となるワイヤレス充電の国際規格であるQi(チー)を採用している。これにより、Qi対応のスマートフォンを手軽に充電できるのはありがたいだろう。本体の機能として、送電出力は5W/7.5W/10W/15Wと幅広く対応。現時点で最大出力となっている15Wもサポートしており、より短時間で充電することが可能となった。

【関連記事】「シビック」に「GR86」いまMTのクルマが増えている!? 最後に乗っておきたいオススメのMT車とは

充電中のイメージ画像はこちら 本体は、縦100mm×横180mm×厚さ7.3mmというサイズ。薄型の長方形で、デスクに置いても邪魔にならず、カーボン柄にGT-Rロゴが大きくデザインされているので存在感はバツグンだ。素材には柔らかく手触りのいいPUレザーを用いており、本体裏面は滑りにくい素材なので安定して使える。

異常検知機能など安全性も追求

 基本性能として、異物検知(FOD)や温度検知を内蔵している。異常を検知した場合は、原因がクリアになるまで給電はストップする。異物がなくなるか、温度が下がった場合は、ふたたび充電が再開される。スタイリッシュなデザインのほか、安全にもこだわったアイテムとなっている。

 なお、AC充電器やUSBケーブルは付属しないので、別途用意する必要がある。対応端末はiPhone8以降、AirPods(ワイヤレス充電対応モデル)、ワイヤレス充電(Qi)に対応したAndroidスマートフォンとなっている。

 オフィスはもちろん、リモートワークのために環境を整えた自宅のデスクでも、GT-Rのロゴを用いたワイヤレス充電トレーを置いて気分をアゲてみてはいかがだろうか? オーナーはもちろん、GT-R好きは必見なアイテムだ。

GT-Rロゴ画像はこちら※本商品は日産自動車株式会社の監修を受けたライセンス商品です。

【販売店情報】
販売サイト:湘南ガレージ
販売ページ:https://shonan-garage.com/products/deff-wireless-charging-tray

【商品スペック】
サイズ:タテ100×ヨコ180×厚み7.3mm
素材:PUレザー・PC・グラスファイバー
入力電圧範囲:DC5.0∼12.0V (PD、QC3.0対応)
入力電流:2.0A(最大)
送電出力5W/7.5W/10W/15W ※1
送電効率≥72%(最大負荷時)
動作周波数110∼205KHz
使用温度範囲0∼55℃
使用湿度範囲10%∼80%
異常検知温度検知、異物検知(FOD)
対応機種:ワイヤレス充電規格Qiを内蔵した機器。
※1:15Wモードを使⽤するには、24W(12V/2A)の電源供給が必要です