「冬キャンプ」に潜む見えない危険! あなたに忍び寄る「一酸化炭素中毒」の恐怖 (1/2ページ)

「冬キャンプ」に潜む見えない危険! あなたに忍び寄る「一酸化炭素中毒」の恐怖

この記事をまとめると

  • 秋冬キャンプは防寒対策が大切
  • ストーブで暖をとるスタイルが人気
  • 冬キャンプでは一酸化炭素中毒に注意

換気はマスト! テント内での火器使用には細心の注意を払うこと

 気温が下がる秋冬シーズンに気をつけてほしいのがテント内での「一酸化炭素中毒」です。防寒対策のために締め切ったテント内で、石油ストーブやオイルランタンを使うと命に危険をおよぼす可能性も……。テント内で火器を使用するときには十分な換気を心掛けましょう。

夏の水難事故同様に秋冬キャンプの一酸化炭素中毒事故の危険性

 キャンプは自然と対峙する「趣味」であるがゆえ、ケガや事故に遭遇する可能性は高くなります。夏のキャンプでは水難事故が多発することは周知の事実ですが、意外と忘れがちなのが秋冬シーズンの事故。テント内に設置した室内用薪ストーブ 気温が急激に下がる季節には、テントを締め切り冷たい外気を遮断することが多くなるため、密閉されたテント内部で火器を使ってしまうと一酸化炭素の濃度が高まり、「一酸化炭素中毒」を引き起こすことになるのです。

最悪の場合、死に至ることも! 換気不十分でのテント内火器使用は自殺行為

「一酸化炭素中毒」は酸素の少ない状況で、火器が不完全燃焼を起こすことで発生します。先にも記したように、これからの秋冬シーズンは冷たい外気を遮断するためテントを密閉する時間が長くなり、その状況で石油ストーブやオイルランタンなどを使用すると正しい燃焼ができず、不完全燃焼を起こした火器が一酸化炭素を出すことになります。オイルランタン 一酸化炭素は赤血球中のヘモグロビンと結合しやすく、一酸化炭素を吸入してしまうと血液を通して酸素を運ぶことができなるのです。空気中の一酸化炭素濃度が3~4%になるとめまい、頭痛、吐き気、手足のしびれなどの運動障害が起こり、7%を越えると意識を失い死に至ることもあるのです。一酸化炭素は無色、無臭ということもありテント内の一酸化炭素濃度が上がっても気が付きにくいのが大きな特徴。テントのなかで倦怠感や眠気、頭痛などの違和感を覚えたら、速やかにテントの外に出て下さい。症状が重い場合には119番に通報して救急車を呼びましょう。

画像ギャラリー