スズキのマー坊を楽しくメンテナンス! 1000円で買ったワゴンR用「発電機」は流用可能か? (1/2ページ)

スズキのマー坊を楽しくメンテナンス! 1000円で買ったワゴンR用「発電機」は流用可能か?

この記事をまとめると

  • スズキ・マイティボーイはオルタネーターが弱い
  • ワゴンR用オルタネーターを入手し比較
  • ワゴンR用を分解整備して取り付け

マー坊をDIY工作&メンテナンスでトコトン楽しむ

 イラストレーターの阿部忠雄さんは愛車のスズキ・マイティボーイ(マー坊)を長年所有して、日々DIYを楽しんでいる。これまで自作でキャンパー仕様にしたり、トノカバー製作の様子をお伝えしてきたが、今回は王道の(?)メンテナンスをリポート!

マー坊のオルタネーターを交換修理してみた

 何年か前の話です。新品ではないけど、まだダメになるには早すぎるマー坊のバッテリー。なのに少しずつパワーダウンしているのが、セルの回り方でわかるほどにまでなってしまいました。当然、充電器の出番が増えてしまいます。充電してしばらくは普通に戻るけど、なぜか徐々に弱っていく。

 外出先でバッテリー上がりなど起こしたらどうしよう、などと心配になりかけたある日、家を出ようとしたところでチャージランプが点灯したまま消えないことに気が付きました。エンジンは普通に動いていても、警告灯が点いてしまったらドライブどころではありません。

 テスターでバッテリーの端子間電圧を測ると12V弱といったところ。エンジンが掛かった状態で正常に充電されているのなら、14V前後はないといけません。バッテリーの弱ったマイティボーイを点検

 これはバッテリーの劣化というより、オルタネーターの故障です。多分、少しずつ不調になっていたレギュレーターが、たった今ダウンしてしまい、立ち直れなくなったということでしょう。自宅で倒れてくれたのが不幸中の幸いでした。マイティボーイのオルタネーターを取り外して点検

 レギュレーターのほかにも悪いところがないか、オルタネータを分解して観てみます。それまでにも何回か分解整備はしているので、バラすのは慣れたものです。ダメになったレギュレーターの内部も興味があったので開いてみました。いくつもの電子パーツが基板ごと冷却用と思われる透明のジェルに包み込まれていて、地底湖を発見したような意外な光景でした。マイティボーイのオルタネーターの中身

 すでにマー坊も立派な旧車なので、同じオルタネーターで実働品を探せたとしても、賞味期限的には似たり寄ったりという状態と思われます。

画像ギャラリー