80年代に流行した「カクカク」デザイン!「直線基調」過ぎたスポーティカー5選 (1/2ページ)

80年代に流行した「カクカク」デザイン!「直線基調」過ぎたスポーティカー5選

この記事をまとめると

  • 直線基調のデザインでアピールしたクルマ
  • 1980年代のスポーティなクルマで印象深いものがある
  • テスラなど直線基調デザインの復活もある 

直線的デザインでの主張が頼もしかったクルマ

 コレ、本当に市販するのか? 写真を見てそう驚いたのは筆者だけではないだろう。「サイバートラック」のことである。

 サイバートラックとは、いまや世界のEVマーケットをけん引するトップメーカーであるテスラ社が発表している、同社初のピックアップトラック。世間をざわつかせたのは、そのデザインだ。サイバートラック まるで定規だけでデザインしたかのような、とにかく直線的でエッジの効いたシャープなスタイルは常識外れもいいところ。これを見て、誰が「このまま市販する」と思えるだろうか。しかしテスラはこのままの姿で、2022年から生産を始めようと進めているらしい。サイバートラック さて、そんなサイバートラックを見て思い出したのは、日本にも直線的なデザインのクルマで流行ったものがあったなということ。もちろんサイバートラックほど前衛的ではなかったけれど、当時はそのスタイルに驚かされたものだった。というわけで今回は、80年代の直線的なデザインのスポーティカーを振り返ってみよう。

スバル・アルシオーネ(初代)

 直線的デザインといえば、その代表格はなんといってもスバル「アルシオーネ」。1985年にデビューした初代モデルだ。

 キャッチコピーは「4WDアヴァンギャルド」。わかるようでわからないキャッチだけど、アヴァンギャルドといえば「最先端」であり、スバル自身もいかに尖ったデザインと考えていたことがよくわかる。ある意味、筋がビシッと通った意匠だ。アルシオーネ 当時としては空力的にも優れていて、0.29というcd値(空気抵抗係数)は日本車として始めて0.30を下まわる実力(デザインだけでなくアンダーフロアの形状なども含めてだが)だった。エンジンは水平対向で4気筒の1.8Lターボと6気筒の2.7L自然吸気。4気筒のATモデル(前期型はなんと3速AT!)はアクセルやブレーキ操作、そして雨天を検知するワイパーと連動して雨天時に自動的にFFと4WDを切り替える仕掛けを搭載している。6気筒モデルと後期型の4気筒モデルには、電子制御により前後のトルク配分を連続的に変化させる仕掛けが組み込まれるなど、見た目だけでなく駆動系にも相当凝っていた。

 果たして、この初代アルシオーネ以上に直線的なデザインの国産車が、今後登場するだろうか?

三菱スタリオン

 1982年にデビューし、翌年にはジャッキー・チェンが乗ってハリウッドデビューも果たしたスペシャルティカーが三菱「スタリオン」の初代モデル。このクルマもまた、直線的なデザインだった。スタリオン もっとも直線的に感じられるのはフェンダーの張り出しがないナローボディのモデルだが、デザインの完成度が高いと思えるのは1987年から国内投入されたワイドフェンダー仕様。シャープなボディに、いかにもなブリスターフェンダーとの組み合わせがたまらない。

 市販車は後輪駆動だが、グループB規定に則ったラリー参戦用の4WDモデルも開発されている。

日産パルサーエクサ(初代)

 直線的といえば、1982年に登場した日産「パルサーエクサ」も外せない。パルサーエクサ お約束のリトラクタブルヘッドタイトを組み合わせたシャープなフロントは、コンパクトカーのクーペモデルでありながらスポーツカーやスーパーカーの雰囲気。日産のクーペ史上もっとも直線的なデザインと言っていいだろう。垂直に近いリヤウインドウにより、一見したところミッドシップのようなフォルムでもある。エンジンは1.5Lの4気筒。当初は自然吸気のみだったが、追ってターボも追加された。

パルサーエクサ

画像ギャラリー