「お願い、MTをなくさないで!」BRZとヴィヴィオを所有する女子の「スバル愛」 (1/2ページ)

「お願い、MTをなくさないで!」BRZとヴィヴィオを所有する女子の「スバル愛」

この記事をまとめると

  • SUBARU好きになるきっかけは2013年の東京モーターショーで見たレヴォーグだった
  • 初めての愛車にヴィヴィオをチョイス
  • 2台目の愛車としてBRZを購入しSUBARUライフを楽しんでいる

モーターショーで見たレヴォーグがきっかけでSUBARU好きに

 今では貴重なビンテージグリーンのヴィヴィオビストロと、スポーツカーらしいまばゆいライトニングレッドのBRZというSUBARU車2台持ちの込山菜摘さん。2013年の東京モーターショーで見たレヴォーグにひと目ぼれしたのが、SUBARU好きになるきっかけだった。

 その後、SUPER GTのライブ配信などでBRZにも惹かれていくが、初の愛車は“クルマのことを勉強したい”ということで、シンプルな構造のヴィヴィオをチョイス。保安部品のメンテナンスはディーラーにお願いしているが、そのほかの部分は整備士の知人に手伝ってもらいながら、メーターパネルから足まわり交換までDIYでこなすなど、大切に維持している。スバル・ヴィヴィオ

初出:SUBARU MAGAZINE Vol.26(一部加筆)

今しか乗れないスポーツカーをチョイス

 またスーパーGTをサーキットで観戦するようになってからは、BRZ愛が加速! 遠征にも快適で、さらに運転技術を磨くのにも良いということで、2台目の愛車としてBRZを購入。レヴォーグは今でも憧れているそうだが、いずれ家族ができたときのために、今しか乗れないスポーツカーをチョイスしたそうだ。スバルBRZ ちなみに2台ともMT車。ViVi(ヴィヴィ)ちゃん、ZZ(ズィーズィー)ちゃんと名前を付け、2台とも溺愛。とくにクルマに興味のない両親からは「変なクルマを2台も買って……」と呆れられているそうだが、本人は何処吹く風。充実したSUBARUライフを送っている。

画像ギャラリー