「ネオクラGT-R」に「ピンク86」! オンナだらけのカーショー「GCC 2021」で愛車拝見 (1/2ページ)

「ネオクラGT-R」に「ピンク86」! オンナだらけのカーショー「GCC 2021」で愛車拝見

この記事をまとめると

  • 「GARLS CAR COLLECTION 2021」リポート第2弾
  • こだわりの愛車自慢クルマ女子を拝見
  • 参加者投票で選ばれたアワード受賞者を紹介

女性による女性のためのカーショー「GCC」イベントレポート第2弾!

 カスタマイズカー大好き女子がコンテンツを考えるだけあって、女子が喜ぶツボを考え抜かれたカーショーが「GIRLS CAR COLLECTION」(GCC)です。象徴的なのが、ヘアセットやメイクのできるブースが完備されていたことと、疲れを癒やせるプロによる出張整体が用意されていたホスピタリティの高さ。11時半から18時半までという長丁場のイベントですから、最後まで疲れを見せず美しくいてほしい、という優しい思いやりです。GCC会場俯瞰 ちなみに当日は、数台のキッチンカーで食事・カフェが提供されていました。いずれも女子が好みそうなメニューばかりラインアップ。ちなみにそのうち1台は、現役ドリフトドライバーのケンジ・ヤマナカさん経営のまぜそば屋さんでした。

 そしてさらに、まるでパーティに参加するかのような「ドレスコード」が設定されているのも乙なポイント。今回のテーマは「デニム」。みなさん、ファッションに上手に取り込んでいました。前回に続き、編集部が注目したオーナーたちを紹介していきましょう。

ファッショナブルな羽織袴とアメ車の競演!

オーナー:るるこさん【PTクルーザー/PT24型】

 ドレスコードを守りつつ、自分オリジナルのお洒落を構築するのはクルマのカスタマイズと通じるものがあります。そんなオーナーさんのファッションを讃えるべく「オシャレ賞」も設けられています。そのアワードに輝いたのは「るるこ」さんです。るるこさんのPTクルーザー デニム地の羽織を袴と合わせた和テイストは、愛車PTクルーザーと何ともいえないミクスチャーぶりを見せていました。

 じつはるるこさん、ご両親がダッジ・チャレンジャーにお乗りというサラブレッド。さらに言うなら母上号は過去にGCCでアワードにも輝いているという、恵まれ過ぎの環境が整っています。PTクルーザー(インテリア) ゆえに何のバイアスも掛かることなくアメリカ車を愛車にしています。近年は見かけることも少なくなったPTクルーザーですが、ローダウン&ピンストグラフィックといった、手数をあえて抑えたカスタムで、何周か回った新鮮さを醸し出しています。ピンストライプ

チューンドカーから快適オリジナル仕様へ回帰

オーナー:ぱるめさん【スカイラインGT-R/BNR32型】

 ただそこに在るというだけで、世界的に価値が高騰しているのがR32スカイラインGT-Rです。会場で、遠目にもわかるほどにシャキッとした個体を発見しました。オーナーは「ぱるめ」さんです。ぱるめさんのR32型スカイラインGT-R もう13年も乗っているそうなのですが、そんな世の中の趨勢はひしひしと感じているようで、フロントワイパーに「売ってほしい」旨のブローカーさんの名刺が挟まれているのはもはや数えられないほど。ひどい時は見知らぬ業者さんが自宅のチャイムを鳴らすこともあって、現在は厳重に防犯対策を行った上で保管しているそう。RB26DETTツインターボエンジン じつはこのR32、元はかなりのハードチューンが施された首都高アタッカー。お父さまは腕利きの整備士で、それを感じさせないほど見事な初期化がなされています。内装のコンディションも上々で、S13シルビア・コンバーチブル乗りのお友達とツーリングするのが楽しみ。令和の時代に、そんな「時空のゆがみ」を感じるツーショット、見てみたいものです。BNR32リヤスタイル

画像ギャラリー