「8ナンバー」は税金は安くても「任意保険」が割高の場合も? キャンピングカー維持費の「リアル」 (1/2ページ)

「8ナンバー」は税金は安くても「任意保険」が割高の場合も? キャンピングカー維持費の「リアル」

この記事をまとめると

  • キャンピングカーも種類が増えてきた
  • 8ナンバー登録で税金は安くなる
  • 保険料が高くなる可能性がある

今ではキャンピングカーの種類も増えてきた

 キャンプ好きにとって究極の贅沢として、憧れの存在になっているのが「キャンピングカー」だ。好きな場所に出かけ、簡単にアウトドアを楽しめる相棒だが、多くの人は「維持費が高い」、「管理が大変」と思っているのも事実。そこで、今回はキャンピングカーのリアルに迫り、維持費やメンテナンスについて考えてみたい。

外観サイズが変わらないモデルが人気急上昇

 キャンピングカーというジャンルには軽自動車をベースにした「軽キャンパー」、ハイエースやキャラバンなどのミニバンを使った「バンコン」、トラックベースの「トラコン/キャブコン」、バスを使った「バスコン」、オリジナルで製作された「フルコン」が存在し、それぞれのスタイルによって区別されている。最近はバンコンの人気が高く、通常のミニバンとサイズが同一ということもあり、特殊な操作を必要としないもの大きな魅力。

ハイエースがベースのキャンピングカー また、手軽さに注目するのなら軽キャンパーとなり、居住空間を求めるのであればトラコンやキャブコンに軍配があがる。フルコンやバスコンは贅沢な別荘感覚で使用できる一方、価格も高く限られた一部の富裕層向けといえるだろう。

8ナンバー登録になれば税金は安くなる

 キャンプが好きな人にとってキャンピングカーはどう映っているのだろう……と考えたとき、「維持費が高そう」、「メンテナンスが大変」と思っているはず。しかし、本当にそうなのだろうか? まずは維持費の問題に迫ってみるとキャンピングカーは消防車や救急車などと同じ「8ナンバー」に区分されることが多い。この8ナンバー登録車は道路運送車両法により「特殊用途自動車」とされ、じつは自動車税が通常の自家用車と比較して2割程度も安く設定されている。

 排気量によってバラつきがあるものの8ナンバー車の方が自動車税は安く、例を挙げれば同じハイエースに乗るのならキャンピングカーの方がお得ということになる。キャンピングカーとして8ナンバー登録する場合には、乗車定員の1/3以上のベッド数を有すること、10L以上の貯水排水施設があること、炊事施設があること、室内高1600mm以上を満たしていることなどが条件となる。

車内のベッド

 車検に関しても少しばかりの違いがあり、一般的な乗用車の場合には初回登録から3年後、以降は2年ごとの車検になるのに対して、8ナンバー登録車は新車・中古車を問わず2年ごとに車検を受けなければならない。簡単にいえば8ナンバーのキャンピングカーを新車で購入すると初回車検が2年後となり、それ以降は通常の乗用車と同様の2年ごとになるのである。

 車検取得時の費用として必要な重量税や自賠責保険にも違いがあり、自動車重量税は8ナンバー車の方が安い。簡単な例を挙げると車両重量が2.5tの自家用車では4万1000円の重量税が8ナンバー車では2万4600円に設定され、その差額は1万6400円とかなりのお得感を感じることができる。

画像ギャラリー