「寒いから冷蔵庫はいらない」は大きな勘違い!「冬キャンプ」で気をつけるべき「9つのポイント」 (1/2ページ)

noteで書く
「寒いから冷蔵庫はいらない」は大きな勘違い!「冬キャンプ」で気をつけるべき「9つのポイント」

この記事をまとめると

  • 夏キャンプとは異なる注意点が多数
  • 気温低下による防寒以外にもたくさん
  • 少しでも危険を感じたら撤収する勇気も必要

注意点その1:防寒対策は余裕を持って用意するべし

 都心とは違い、冬のキャンプ場は想像以上に寒さが厳しいことを覚えておきましょう。街なかでは息が白くなる程度でも、キャンプ場では氷点……なんてことは当たり前。防寒対策を怠ればキャンプの楽しさが半減するどころか、命に危険をおよぼすこともあるのです。

防寒対策のフリース とくに夜や早朝は寒さのピークを迎えるため、フリースやアウターを余分に用意しておくことが大切です。また、就寝時に使用するシュラフに記載されている「快適温度」や「限界温度」をしっかりとチェックし、冬シーズンに適応したアイテムであることを事前に確認しておきましょう。

注意点その2:焚火に近づきやすい冬は難燃繊維の上着を

 冬キャンプの醍醐味といえば「焚火」です。気温が下がった野外で暖を取りながら、ゆらめく炎を眺めるのは珠玉のとき。日々のストレスを忘れ、ゆったりと流れる時間が楽しめる焚火ですが、気温が下がる冬は焚火に近づきすぎて火の粉で上着に穴を空けてしまった……なんてことも多発します。焚火との距離が近くなる冬キャンプの焚火では、難燃繊維を使用したジャケットやブランケットを用意するこがお約束なのです。

焚火イメージ

注意点その3:テント内でストーブを使うときは換気に注意

 テント内で明かりや暖を取るため、オイルランタンや石油ストーブなどの燃焼系暖房器具を使う場合にはしっかりと換気を行いましょう。寒さ対策のため、外気を遮断したテント内でランタンや暖房器具を使用すると、一酸化炭素中毒になる可能性が高くなり、最悪の場合には命を失うこともあります。

ストーブのイメージ テントの換気口(ベンチレーション)を開けることはもちろん、定期的に換気を行うことも忘れないでください。安全対策としてテント内の一酸化炭素濃度を測定し、アラームで知らせてくれる警報機を用意しておくのもおすすめです。

換気口イメージ

注意点その4:OD缶やCB缶の防寒対策も忘れずに

 キャンプに欠かせないバーナーやランタンですが、手軽に使えるガスカートリッジ式のアイテムを使う場合には注意が必要です。気温が下がる冬はOD缶、CB缶のどちらも火力が弱くなる傾向があります。気温が低い場所や長時間の使用により、ガスが気化できなくなることを「ドロップダウン現象」と呼び、火力が弱くなることで本来の火力が発揮できなることもあるのです。

ガスボンベイメージ そんなときには、ガスボンベにひと工夫を加えることが求められます。ガスボンベは屋外には置かず、テント内やクルマのなかで保管してボンベ自体の温度を下げないようにしましょう。使用する場合にはOD缶、CB缶に合った専用のカバーが市販されているので、カバーを使ってボンベを保温するのもおすすめです。最近ではアウトドアショップだけでなく、100円ショップでも専用のカバーが売られているので入手しておきましょう。

noteで書く

画像ギャラリー