ほぼ未走行の「フェラーリF50」を救出せよ! コーンズ入魂の「レストア」で奇跡の復活 (1/2ページ)

ほぼ未走行の「フェラーリF50」を救出せよ! コーンズ入魂の「レストア」で奇跡の復活

未走行の超希少なF50をコーンズが里帰りレストア

 フェラーリ創業50周年を記念したスペチアーレ(特別モデル)であるF50。349台限定で生産された希少なモデルですが、なんと新車を納車してから一度も走行していない個体が日本で見つかったとのこと。この希少な個体を古くからフェラーリを取り扱うコーンズがレストア。究極のミントコンディションとも言えるF50が日本に誕生しました。今回はそのレストアの経緯や苦労した点などを伺いました。

【関連記事】フィアット「デュカト」のご先祖さま「238」と「241」とは? いまキャンパー仕様やキッチンカーとして注目集まる

フェラーリF50のエンブレム画像はこちら

車内には新車納車時の装備品もそのまま置かれていた

 多くの人がこれほどまでに低走行のF50がどこにあったのか? という疑問を抱くことでしょう。残念ながら詳細はシークレットですが、オーナー様からコーンズへ「ほぼ未走行のF50を引き取ってほしい」と直接コンタクトがあったとのこと。

 担当者が現車を見に行くと室内保管で埃をかぶっているF50があり、オドメーターの走行距離は新車の納車時から変わっていなかったとのこと。

【関連記事】フィアット「デュカト」のご先祖さま「238」と「241」とは? いまキャンパー仕様やキッチンカーとして注目集まる

走行150kmのフェラーリF50のヘッドライト画像はこちら 納車時に手渡されるバックなどの車載品も、室内にそのまま保管されていたそうです。走行150kmのフェラーリF50のインテリア画像はこちら 検討の結果、F50を引き取りレストアすることに決定。長年多くの跳ね馬を取り扱ってきたコーンズは、フェラーリ本社から認定クラシケワークショップの認証を取得している(コーンズ芝と大阪のみ)。このクラシケに関するレストア技術や体制の継承を目的として、レストアはスタートしました。

 コーンズでクラシックフェラーリのレストアをおもに担当しているメカニックの大西裕幸さんと、レースサポートなどさまざまな現場での経験が豊富な中村敦史さんのふたりを中心となって行われることに。中村さんがおもな作業を担当し、そのサポートやアドバイスを大西さんが行うという体制でスタートしました。走行150kmのフェラーリF50とメカニック画像はこちら