クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選
OUTDOOR
share:

ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: 本田技研工業/Auto Messe Web

  • フリード+のスタイリング
  • フリード+のラゲッジスペース
  • シエンタのスタイリング
  • シエンタのシートアレンジ
  • ステップワゴンのスタイリング
  • ステップワゴンのシートアレンジ
  • ステップワゴンのわくわくゲート
  • N-VANのスタイリング
  • N-VANの後席部分
  • N-VANの車中泊イメージカット
  • 車中泊のイメージカット
  • ハスラーのスタイリング
  • 車中泊のイメージカット

Lクラスミニバンやハイエースじゃなくても大丈夫!

 アウトドアや車中泊ブームのなか、本格的なキャンピングカーではなく一般的な新車で、仮眠や睡眠のしやすいクルマを探しているひとも多いはずだ。つまり、普段はごく普通の乗用車として、週末は車内をベッドルームとして活用できるクルマであり、言い方を変えれば、災害時にも役立つ車中泊も可能な室内空間やシートアレンジ性を持っているクルマということだ。

 かつては、ホンダS-MXといった、男と女が車内で寝そべることができるのが特技で、それを大きくアピールしたような遊び心満点のクルマが一世風靡した時代もあった(筆者は当時、講談社のホットドッグプレスという雑誌のクルマ記事で”走るラブホ”と名付けたことがある)。だが、今ではそうしたところにフォーカスを当てたクルマは意外に少ないのだが(不謹慎!?)、ここでは、今新車で買える、仮眠や睡眠のしやすい、お手ごろ価格の国産車に的を絞って紹介したい。

ホンダ・フリード+

 その筆頭が、コンパクトな大容量ワゴンといえる、コンパクトミニバンのホンダ・フリードに用意される2列シート仕様となるフリード+だ。

フリード+のスタイリング ラゲッジボードを上段にセットし、後席をそれに続くフラットアレンジしたときのベッド長はなんと1890mm!! 限りなくフラットなフロアには、寝心地を良くするために専用アクセサリーのマットレスは必要。だが、フロアボードを上段にセットした状態では幅1270mm、天井高にしても975mmもあるため、大人ふたりが横になれるし、座っても寛ぎやすい空間が確保されるのだ。

フリード+のラゲッジスペース アウトドア&車中泊用の純正アクセサリーも豊富に揃っているから、自分好みの車中泊カーに仕立てられる点も楽しい。

トヨタ・シエンタFUNBASE

 そんなフリード+のガチなライバルとなるシエンタの2列シート版、FUNBASEも、ある意味、車中泊を念頭に置いたコンパクトな大容量ワゴンだ。

シエンタのスタイリング 後席を倒せば、比較的フラットなフロアは2m以上になり、背の高い人でも真っすぐに寝ることができる。もっとも、カーペット敷きとはいえフロアは硬いから、マットレスは不可欠だ。シエンタFUNBASEがフリード+をリードする機能が、AC100V/1500Wコンセントの装備(HVに44000円のOP)。車内で電気ポットやコーヒーメーカー、扇風機などの家電品が使え、アウトドアや車中泊に大活躍してくれること必至である。

シエンタのシートアレンジ

ホンダ・ステップワゴン

 Mクラスボックス型ミニバンの2-3列目席フラットアレンジにおいて、フラット度がもっとも高いのがホンダ・ステップワゴン。

ステップワゴンのスタイリング よほどの高身長でなく、短時間の仮眠であれば、マットレスなどを敷かなくてもふたり同時に足を伸ばして横になることができる(日産セレナe-POWERは2列目席の座面と、背もたれのつなぎ目の段差が大きいのが残念)。

ステップワゴンのシートアレンジ わくわくゲートモデルであれば、両側スライドドアからだけでなく、バックドア側からも乗り降りできる楽しさ、便利さがある。

ステップワゴンのわくわくゲート

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS