「とにかく上手くなりたい!」女子ジャーナリストが「トライアルこそライディング上達の近道」と断言するワケ (1/2ページ)

noteで書く
「とにかく上手くなりたい!」女子ジャーナリストが「トライアルこそライディング上達の近道」と断言するワケ

この記事をまとめると

  • 女性ジャーナリストが何故「トライアル」にハマったのか?
  • 「Moto GP」を見たことがきっかけでバイクに興味を持つ
  • 「トライアル」こそコスパよくライディングの上達が可能

ロードレースの「あの列に入りたい」と憧れてバイクの練習をスタート

 モータースポーツの世界にまったく関わりのなかった私が、初めてツインリンクもてぎで見た、MotoGP 日本グランプリ。その一糸乱れぬコーナリングの美しさに魅了され、水泳のシンクロ競技のような「あの列」に入りたいと憧れて、バイクでのサーキット練習をスタートさせた私だったが、ロードコースでのサーキット練習には、かなりお金がかかるのだ。先川知香さんとバイク

 それは、サーキットのライセンス費用だったり、装備、走行費用、タイヤなどの消耗品……。そして転倒すれば、またさらに追加で体とマシン両方の修理費用など。モータースポーツ全般に言えることだが、20代前半の若者が本格的に趣味で始めるには、コストがかかりすぎるのが実情である。

 それでも、どうしてもサーキットを上手く走れるようになりたいと悩む私に、バイク業界の先輩方が勧めてくれたのが、ロードレースのように舗装されたサーキットを走るのではなく、土の上に作られたコースを走る「モトクロス」だった。モトクロスを楽しむ先川知香

 その理由は、ロードコースでの練習に比べて費用が格段に安いことと、それでいてロードでのライディングの上達に役立つというもの。私は「安く、ライディング練習ができるなら」と、まずはモトクロスの練習をスタートさせた。

始めたばかりのモトクロスで大怪我

 モトクロスの練習にかかる費用は、ロードに比べて確かに安い。基本的に、コースを走行するためのサーキットライセンスが必要なコースも少ない上に、コース脇の広場などがあれば簡単な基礎練習も可能。バイクも丈夫で、多少こけた程度ならほとんど壊れることもなく、修理費も最小限。マシンを操る感覚などはロードコースで使える技術が満載だ。私は「絶対上手くなってやる」と、ロードのためのモトクロスを開始した。モトクロスを楽しむ先川知香

 そんな矢先に、大きなアクシデントが発生する。始めたばかりのモトクロスで、大怪我をしてしまったのだ。バイク仲間に誘われて参加した、初心者でも楽しめるというコンセプトのモトクロスの耐久レースでのこと。転倒した私を後続車が避け切れず、右腕を跳ね飛ばされて上腕骨を粉砕骨折してしまったのだ。それは、今なお右腕の可動域に後遺症を残すほどの大怪我だった。

「やってしまった」

 モータースポーツ競技のほとんどがそうなのだが、「後ろの人が上手に抜いてくれるから、初心者は後ろを気にせず、自分の走れるラインを走っていればいい」と教えられる。確かにコース上では、おかしな動きをしないことが安全に走る第1条件ではある。しかし、それは上手な人のなかで、少数の初心者が走る場合の話ではないだろうか。たくさんの初心者が走っているなかで、初心者が後ろを気にせず走っていても、誰も上手く抜いてはくれないのだ。それどころか、何度も接触の恐怖を体験させられた。

 私は、そんな違和感に少し怖いと感じながらも、ライディングを上達させたい一心で、周りに誘われるがままに、さまざまな「練習ができる機会」に参加し続けていた。そのため「やっぱり、そうだよね」と、薄々予想はできていた事故だった。ロードコースで走るより安く練習できるからという理由で始めたモトクロスだったが、始めて早々に、逆に高くつく結果に終わってしまう。

noteで書く

画像ギャラリー