意外にもキャンプに向いている! 見た目とは裏腹に収納力たっぷりの「着痩せ」コンパクトカー6選 (1/2ページ)

意外にもキャンプに向いている! 見た目とは裏腹に収納力たっぷりの「着痩せ」コンパクトカー6選

キャンプにも向いているコンパクトカーとは

 普段使いにちょうどいいコンパクトカーでも、じつはアウトドアやキャンプに向いている、意外なほどの荷物の積載性を誇るクルマがある。もちろん乗員は2~3名に限定され、後席をすべて、あるいは片側を格納するのが前提。だが、パッケージングの妙から驚くほどの荷物が積めたりするのである。そんな意外性のあるコンパクトカーを紹介しよう。

小さくても大容量ラゲッジを持つ「ホンダ・フィット」

 小さくても大容量のラゲッジスペースを実現しているのが、意外にもホンダ・フィットだ。

【関連記事】“ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します

ホンダ・フィット

 ホンダ独創のセンタータンクレイアウトによって、燃料タンクを前席下に配置。これにより、車体後方の床下スペースに余裕ができ、また、気の利いたシートアレンジ性によっても、5ナンバーサイズのハッチバックモデルからは想像もできない大容量の荷物収納スペースが出現するのである。

 具体的には、後席使用時のラゲッジスペースは奥行き600~660mm、幅1010mm、最低天井高650mm。そして後席の片側、または両側をフラットに格納することで、奥行きはフロア部分だけでも1350mmに達する。後席はセンタータンクレイアウトの恩恵で低く、沈み込ませるように格納できるため、格納した後席部分の天井高は840mmにもなるから驚きだ。ホンダ・フィットのラゲッジスペース 

 さらに言えば、荷物はバックドア側からはもちろん、大きく開くリヤドア側からも出し入れしやすい。何と言ってもバックドア側のラゲッジルームの地上高が590mm、リヤドアからの拡大したラゲッジルームの地上高は600mmと、どちらもごく低く(世界のステーションワゴンのラゲッジルームのフロア地上高の平均値は620mmだ)、重い荷物の出し入れ性も抜群なのである(上記の地上高はすべて標準車)。しかも、SUVテイストあるクロスターも用意されているから、完璧である。

ちょっとした引っ越しも可能な「スズキ・ソリオ」

 子育て世代からシニアにもぴったりなコンパクトカーとして、誰にでも薦められる1台がスズキ・ソリオ。乗り心地や静かさなども大きな魅力となるのだが、やはり両側スライドドアを持つハイトワゴン系モデルというところがお・い・し・い。5ナンバーサイズでも高さがあるため、同じコンパクトカークラスでも荷物の積載性はさらに上ということになる。スズキ・ソリオ 

 ラゲッジスペースは開口部地上高660mm、奥行き440mm、幅1030mmと、後席使用時でも幅方向に余裕があり、天井高は1020mmに達する。奥行きがないぶん、高さ方向の積載力で勝負するということだ。だが、2~3名乗車だとすれば、後席格納によって奥行はフロア部分で1120mm、前席の背後までとすれば1500mm以上となる。まさに小さな引っ越しができるほどの大容量のラゲッジスペースに拡大できるのだ。ソリオのラゲッジスペース 

 しかもラゲッジスペースの床下には深さ310mm、幅590mm、奥行き550mmものサブトランクが備わり、転がりやすいものや汚れものなどを、床上のラゲッジスペースと分けられるのも大きな魅力。また、後席格納時のフロアがほぼフラットになる点と、後席165mmのスライド機構によって、ラゲッジスペースの奥行きを変えることができるあたりも使い勝手の良さに直結する。