冬は「靴入れ」が欠かせない理由とは? あると車中泊が10倍快適になる「お役立ちグッズ」 (1/2ページ)

noteで書く
冬は「靴入れ」が欠かせない理由とは? あると車中泊が10倍快適になる「お役立ちグッズ」

この記事をまとめると

  • 秋冬の車中泊で必要なグッズ
  • 心地よい睡眠のためにマット、シュラフ、シェード
  • さらなるくつろぎのためのポータブル電源などの各種補佐グッズ 

快適な車中泊に不可欠となる「マット」「寝袋」「シェード」

 季節を問わず、車中泊を快適にすごすための必需品は厚手のマット、気温にあった寝袋、そしてすべての窓を覆うシェードだ。アイズ製のシェード テント泊よりも快適に思える車中泊だが、鉄板と窓に囲まれた車内はノーガードだと寒さをダイレクトに感じるし、シートを倒してフラットにしても段差を感じるクルマが多い。

 寝袋は封筒型やセンタージップが車中泊向きとされているが、これは寝袋に不慣れな人でも狭い車内で寝袋に潜り込みやすいため。快適睡眠温度が適正であれば、マミー型でも問題なく眠れる。寝袋とLEDランタン マットもキャンプ用と兼用でもいいが、登山用マットは持ち運びやすいよう幅60cm以下とするものがある。できれば幅65cm以上のほうが並べたときに隙間ができにくく、車内を活用しやすい。マットの厚みが8cm以上あればなおよし。厚みのあるマット 倒したシートに段差が出る場合は、そのままマットを敷いても違和感を感じてしまうので、着替えや荷物をうまく当てて緩衝させ解消することもあるが、これが結構たいへん。持ち運びやすい“段差解消マット“があると、寝る準備が随分スピーディになる。マット下をフラットにする緩衝グッズ 窓を塞ぐシェードは車種別のものがベストだが、レンタカーなど車種を限定できない場合は安価な銀マットを加工して窓に立てかけるだけでも効果はある。

LEDライトとミニテーブルでくつろぎ空間に

 オートキャンプ場ではクルマの隣にテントとチェアを置いてくつろげるが、車中泊可能な駐車場であってもファニチャー類を置けない施設は多い。車内に置くミニテーブル 車内で過ごす時間が増えるので、雰囲気のいいLEDライトと小型のテーブルもあると便利だ。シェードを貼ると、寒気とともに光も車内に入りにくくなる。駐車時はエンジンをかけられないので、小さなLEDライトを車内の灯りとしたい。また、マットの上は不安定でドリンク類をこぼす危険大。簡単にたためて薄く、邪魔にならないミニテーブルがあると安心だ。

  シートに引っ掛けられるものも出ているので、こういったものであれば横になってリラックスしたときに、うっかりテーブルごとけとばす心配なし。

noteで書く

画像ギャラリー