往年のアメ車フェイスに「顔面整形」! サーキットもイケる「どシャコタン」シルビア (1/2ページ)

往年のアメ車フェイスに「顔面整形」! サーキットもイケる「どシャコタン」シルビア

この記事をまとめると

  • スポーツランドSUGOでオールジャンルミーティング「C/PARK DEP」開催
  • S14シルビアにロケットバニーのエアロを装着したオーナーカーを発見
  • エアサスを装着しながらもサーキット走行もこなすマルチな中身だった

オールジャンルミーティングで見かけた注目モデルを紹介

 10月某日、オールジャンルミーティング「C/PARK DEP」がスポーツランドSUGO(宮城県)のMパーク駐車場にて開催された。全国各地から400台を越えるカスタムフリークを集めた本イベントだが、そのなかでも本誌注目のオーナーカーを紹介しよう。

快適装備を残した「走れるエアサス」仕様

 古き良き時代と聞いて真っ先に思い浮かべるモノ。それは音楽であったりファッションであったり人それぞれだと思うが、このS14シルビアを作り上げたSさんにとっては『クルマ』だという。いわゆる旧車に昔から強い憧れを抱くいっぽうで、故障や日常の使い勝手を考えると躊躇してしまい、愛車として迎え入れる踏ん切りが付かなかった。ロケットバーニーのエアロを装着した日産S14シルビア

 しかし5年前に転機が訪れる。昨今のオーバーフェンダーの流行を牽引する『ロケットバニー』から、S14用シルビアとして発表されたエアロキットにひと目惚れ。ほとんど衝動的にオーダーしてからベース車を購入したそうだ。

今じゃありえないリーズナブルな価格で「最高のオモチャ」をゲット

 現在でこそ同じ5速MT/ターボ/サンルーフなら200万円を軽く超えるS14、幸運なことにSさんが入手したのは価格が高騰する直前。約60万円という今じゃあり得ない値段で、最高のオモチャをゲットしたというワケだ。鈑金塗装業という自らのスキルを活かし、エアロの装着と併せてボディをオールペン。選んだのはアウディ純正のタンドブラウンで、クラシックなフォルムに華麗な変身を遂げたシルビアによく似合う。ロケットバーニーのエアロを装着した日産S14シルビア

 製作する際もうひとつのテーマに掲げたのは、快適装備は絶対に残して街乗りに使えること。代表といえるのがエアコンで、インタークーラーはバンパー内にさり気なく入れる予定だったが、エアコンのコンデンサーを外したくないので外側にレイアウトした。ロケットバーニーのエアロを装着した日産S14シルビア。フロントのインタークーラー

 結果として見た目もワイルドになり大満足とのことだ。さらに足まわりにも相当なコダワリが詰まっている。当初はオーソドックスな車高調を使っていたが、より低くしたいがためエアサスに仕様変更。

画像ギャラリー