人気の「シャコアゲ」にぴったりのホイールは? 意外と難しい「足もと」のカスタマイズ (1/2ページ)

人気の「シャコアゲ」にぴったりのホイールは? 意外と難しい「足もと」のカスタマイズ

この記事をまとめると

  • 近年流行のクルマ「SUV」は色々な車種で賑やかだ 
  • ホイールカスタムでオーナー個々人のライフスタイル的個性を出すにはもってこいだ 
  • スポーティ、スタイリッシュ、オフロード、それぞれの方向性のホイールを紹介する

スポーティ系

 SUVには、トヨタの「C-HR」、ホンダの「ヴェゼル」、マツダの「CXシリーズ」など、クーペのような流麗なフォルムを持つモデルも多い。そういった車種に人気が高いのが、スポーティ系デザインのホイールだ。スポーツ系はシンプルデザイン 例えば、スポーク系。レイズやエンケイなど、スポーツ系を得意とするメーカーから発売されている、5本や7本などのシンプルなデザインのホイールだ。また、網目状のスポークを施したメッシュ系や、10本以上の細身なスポークを持つフィンタイプなども、スポーティなイメージを演出できる。

 こういったタイプのホイールでは、タイヤもスポーツ寄りのデザインを採用したモデルを履かせると、さらに効果的。見た目だけでなく、グリップ感も向上する。また、エアロの装着や車高を下げてローダウンさせれば、車体がより低く長く見える効果を生むため、レーシーな雰囲気を醸し出しやすい。

スタイリッシュ系

 SUVにより高級感やスタイリッシュなイメージを演出したいのであれば、ドレスアップ系のホイールがいい。例えば、スポーク系でも、ディスク面が奧にある深リム系、表面を切削加工するブラックポリッシュなどの処理を施したホイールは、愛車により洗練されたイメージを出しやすい。コンケイブ形状ホイール また、スポーク先端がリムに向かって2又に分かれるツインスポーク系にも、Y字型やトライアングル型、ラウンド型などさまざまなデザインがあり、愛車の足元をスタイリッシュにするだけでなく、アクティブ感も演出する。ほかにも、ラグジュアリー系ブランドなどで販売する、ディスク面がラウンドしたコンケイヴ形状のホイールなども、高級感は満点だ。ツインスポーク系はおしゃれ ちなみに、スタイリッシュ系ホイールを装着する場合、ホイールをより大きく見せるために、サイズを純正から上げるインチアップをすると効果的だ。ただし、あまり大きなホイールを選んでしまうと、車高が上がりすぎて走行安定性が損なわれたり、フェンダーなどの加工をしないとハンドルが切れない、車検に通らないなどデメリットもある。インチアップする場合には、専門ショップなどによく相談することをオススメする。

画像ギャラリー