技術屋集団「STI」が本気を出し過ぎた?「フレキシブルタワーバー」はまさに「コロンブスの卵」だった (1/2ページ)

技術屋集団「STI」が本気を出し過ぎた?「フレキシブルタワーバー」はまさに「コロンブスの卵」だった

高い装着率を誇るSTI製フレキシブルタワーバーとは!

 スバル車オーナーの間で装着率の高いSTIパーツ。スバルの走りを知り尽くしたマイスターが日々研究、実験を繰り返し、さまざまな機能パーツをリリースしている。そのなかでもSTIらしいアイテムがフレキシブルタワーバーだ。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

フレキシブルタワーバー(単体)画像はこちら

 同製品はストラット式を採用する(※編集部注:スバル車の多くはフロントにストラットサスを採用)、フロントサスペンションの左右頭頂部をつなぐストラットタワーバー。通常のタワーバーと大きく異なるのは、バーの中央部に設けられたピロボールジョイントにあり、剛性を上げるためのつっかえ棒でありながらサスペンションの上下動に対して可動することが最大の特徴となっている。

 一般的なストラットタワーバーの場合、ストラットタワーの横変位を少なくしステアリングレスポンスを向上させるものだが、弊害として縦変位も少なくなることで乗り心地が悪化してしまう。具体的には荒れた路面の走行や段差などの乗り越えでフロントサスに対して大きな入力があると、タワーバーの装着でボディがたわみにくく、ボディによって衝撃を吸収しきれなくなることで乗り心地の悪化を招くことがある。

一般的なストラットタワーバー画像はこちら

乗り味を損なうことなくステアリングレスポンスを向上!

 そこでSTIが開発したのが「フレキシブルタワーバー」だ。前述のとおり、バー中央部にピロボールジョイントが備わり可動させることで、左右それぞれのストラットに入力された縦変位の衝撃をいなし(緩和)、入力のあったストラットは反対側のストラットへ入力を伝達することを抑制する。もちろん横方向の応力は左右に伝達されるので、ボディのたわみを活かしながらステアリングレスポンスを向上させることができる画期的なアイテムとなっている。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

フレキシブルタワーバー(ボールジョイント寄り)画像はこちら

 ちなみにドライビングがどのように変化するかというと、ステアリングを切り込んでいくとキレイにヨーが立ち上がり、ドライバーの意図した通りにターンしてくれるのは従来のタワーバーも同様である。だが、コーナリング中に路面が荒れていた場合などでも、車体の姿勢を乱すような衝撃を抑えることができるため、乗り心地の向上だけでなくあらゆる路面状況でも安心して気持ちの良いコーナリングを実現してくれるというわけだ。フレキシブルタワーバー(走り)画像はこちら