新機能「車両姿勢安定化制御」って何? NDロードスター最軽量バージョン「990S」とは (1/2ページ)

新機能「車両姿勢安定化制御」って何? NDロードスター最軽量バージョン「990S」とは

「人馬一体」を追求してきたロードスターの最新進化形

 マツダ・ロードスターのファンたちが手づくりで開催する「ロードスター軽井沢ミーティング」。今年は10月24日に行われ、1000台を超える歴代ロードスターが全国から集まった。

 その会場で、マツダからロードスターを愛するオーナーたちに向けたサプライズとして、現行型(ND型)ロードスターの最軽量モデルとなる特別仕様車「990S」が披露されたのだった。

「ライトウェイト・オープンスポーツ」を30年以上にわたり進化させ続けてきた、マツダならではのコダワリを解説していこう。

「S」をベースにバネ下重量を数kg軽量化

 今回ヴェールを脱いだ「ロードスター990S」は、現在ラインアップされているもっとも軽量な「走り」に特化したグレード「ロードスター S」をベースにしている。

 車名は車重に由来しているそうだが、「S」の車両重量も990kgなのだから軽くなっていないのでは? と思われるかもしれないが、それは日本の車両登録が10kg単位で四捨五入されるため。実際には約4kgほど軽くなっているのだ。

 ホイールは「レイズ」製鍛造ホイールを採用することで、1本あたり800g、合計3.2kgの軽量化。そしてブレーキはブレンボ製として、ブラック塗装にブルーのレタリングがおごられている。ローターについては大径化して重量アップしている一方、フロントキャリパーが純正の鋳鉄からアルミ製となることで、ブレーキシステム全体としては合計700gの軽量化を果たしている。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

NDロードスターの特別仕様「990S」画像はこちら いわゆるバネ下重量の軽量化は、クルマの運動性能に関してバネ上の10倍の効果を持つと言われる。数値としてはわずか約4kgといえども、NDロードスター開発時に徹底的な「グラム作戦」で先代NC型から100kg以上の軽量化を果たしたことを思えば、いかに大きな進化かうかがわれるだろう。

 この「990S」ではバネ下重量の軽減にあわせて電動パワステ、サスペンションのダンパーとサスペンションを専用にチューニング。さらにPCM(エンジン制御ユニット)のセッティングも変更してアクセル応答性を高めたという。

NDロードスターの特別仕様「990S」画像はこちら