超希少なbBオープンデッキを思い切り「シャコタン」に! ターボ装着&MT換装の「痛快」快速ピックアップ (1/2ページ)

超希少なbBオープンデッキを思い切り「シャコタン」に! ターボ装着&MT換装の「痛快」快速ピックアップ

オールジャンルミーティングで見かけた注目モデルを紹介

 10月某日、オールジャンルミーティング「C/PARK DEP」がスポーツランドSUGO(宮城県)のMパーク駐車場にて開催された。全国各地から400台を越えるカスタムフリークを集めた本イベントだが、そのなかでも本誌注目のオーナーカーを紹介しよう。

bBの異彩を放つ派生モデル「オープンデッキ」

 販売台数が32万を超える大ヒット作となった初代bB。エッジの効いたワルっぽい外観と広い室内区間で、若者を中心にカスタムのベース車としても人気を博した。そのなかで異彩を放っていたグレードが、ピックアップ・スタイルの『オープンデッキ』だ。

【関連記事】失敗しない用途別チューニング「三種の神器」とは? サーキット派とストリート派で違う最初のパーツをお教えします

bBオープンデッキの外観画像はこちら 乗車定員は5名のままリヤに荷台が与えられ、ドアも通常モデルとは異なる観音開きに。残念ながら販売は振るわず2年も経たずに生産を終えたが、奇抜なスタイルと実用性は現在も多くのファンに支持されている。そんなbBオープンデッキをたった9万円で手にれたYさん、基本コンポーネンツを共有するヴィッツの部品取り車を持っていたことから、2年がかりのプライベートによるカスタムが始まった。bBオープンデッキの荷台画像はこちら

ターボエンジン+MTに換装

 まず注目したいのは、妙にスッキリしたエンジンルーム。配線類をフェンダー内に通すなど見えないように処理する、アメリカ発祥の『ワイヤータック』と呼ばれる手法で仕上げられている。bBオープンデッキをターボエンジン化画像はこちら

 軽量化の間引きとは違い実用性はそのまま、あくまで『見せる』ための演出でありインパクトは絶大だ。ワイヤータックばかりに目を引かれるが、エンジンもヴィッツに設定されていたターボ仕様。扱いやすさと力強さを兼ね備えた1500ccの150psで、ノーマルとはまるで別モノの加速を味わえるという。

 もっともターボで武装したエンジンだけなら、専用のキットもありさほど珍しいワケじゃない。特筆すべきは純正では存在しなかったマニュアルミッションへの載せ替えで、シフトの位置もステアリングコラムから一般的なフロアに移動。bBオープンデッキをMTに載せ替え画像はこちら

 併せてクラッチ関係のパーツも移植しており、シフト操作でキビキビと走ることが可能になった。bBオープンデッキをMTに載せ替え画像はこちら