世界で一番目玉焼きに合う「スパイス」とは? キャンプ飯に合う「アウトドアスパイス」9種類 (1/2ページ)

世界で一番目玉焼きに合う「スパイス」とは? キャンプ飯に合う「アウトドアスパイス」9種類

ひと振りで天にも昇る味わい

 ひと振りで、さまざまな料理を絶品に仕上げてくれる香辛料。ここ最近注目されているのが、キャンプ料理に特化した「アウトドアスパイス」で、趣向を凝らした商品が話題となっています。なかでも筆者がオススメする9種類のスパイスをご紹介します。

マキシマム

 最強スパイスと名高い宮崎県民ご愛用の「マキシマム」。塩胡椒と同じ感覚で、どんな料理にもハマるスパイスですが、とくにお肉料理に関して確実にワンランク上の仕上がりになります。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

マキシム画像はこちら原材料:食塩、胡椒、コーンスターチ(遺伝子組換え不分別)、ガーリック粉末、醤油、かつお調味粉末、オニオン粉末、ナツメグ、パプリカ、クミン、ローレル、唐辛子キャンプ料理に役立つスパイスが各種出てきて最近ブームなので気になるものをチェックした画像はこちら

ほりにし/ほりにし辛口

 アウトドアスパイスのパイオニア的存在の「ほりにし」。通常の白ほりにしは和風テイストのなかに香るガーリックがアクセント。一味のような辛さがお好きな方は赤ほりにしがオススメです。どちらも肉、魚、野菜など万能に使えます。

ほりにし画像はこちら原材料(白):食塩、ガーリック、黒コショウ、レッドベルペッパー、粉末醤油、ミルポアパウダー、コリアンダー、植物油脂、チキン調味料、パセリ、パプリカ、オニオン、赤唐辛子、陳皮、ジンジャー、バジル、オレガノ、マジョラム、ローズマリー、ローレル、セロリシード

原材料(赤):食塩、赤唐辛子、ガーリック、黒コショウ、陳皮、砂糖、ミルポワパウダー、オニオン、酵母エキス、粉末醤油、パプリカ、チキン調味料、植物油脂、パセリ、青唐辛子、ジンジャー、コリアンダー、バジル、オレガノ、マジョラム、ローズマリー、山椒、ローレル調味料(アミノ酸等)、リン酸Ca(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)魚焼き画像はこちら

黒瀬のスパイス

 アウトドアだけでなく家庭でも定番調味料として飽きがこない「黒瀬のスパイス」。これまで紹介したマキシム、ほりにしとの違いとしては、ピリッとした胡椒が抜群に効いていることで、BBQや焼肉にぴったりな逸品です。

黒瀬のスパイス画像はこちら原材料:食塩、胡椒、醤油、レッドベルペッパー、フライドガーリック、パプリカコリアンダー、グリーンベルペッパー、パセリ、オニオン粉末、唐辛子、マジョラム、オレガノ、バジルバーベキュー画像はこちら

和風旨味スパイス テンマク

 和風ベースで素材の旨味を引き出す、通称「テンマクスパイス」。おにぎりやサラダ、浅漬けもこれ1本で絶品に早変わり。日本人には馴染み深い味で、スパイスをつまみにお酒を愉しむというスタイルもオススメです。

テンマク画像はこちら原材料:食塩(国内製造)、フライドガーリック、コーンパウダー、黒コショウ、粉末醤油(小麦、大豆含む)植物油脂、赤唐辛子、パプリカ、カツオ調味料、昆布調味料、ガーリック、コリアンダー、オニオンパウダー、パセリ、バジル、オレガノ、マジュラム、調味料(アミノ酸等)、微粒二酸化ケイ素おにぎり画像はこちら