庶民でも手が届く「贅沢」スポーツ! 今新車で買える「専用エンジン」搭載車5選 (1/2ページ)

庶民でも手が届く「贅沢」スポーツ! 今新車で買える「専用エンジン」搭載車5選

この記事をまとめると

  • エコ化とコストダウンでエンジンも共通化が進む
  • 少ないながらも走りにこだわった刺激的エンジンもある
  • 希少なスポーツモデルを5台紹介

日産マーチニスモS

 現行4代目マーチのベース車は、安さと街なかでの扱いやすさが命のコンパクトカー。パワートレインは、HR12DE型1.2L直3NAエンジン+CVTの組み合わせしか用意されていない。

マーチニスモSの外観 だがマーチニスモSはHR15DE型直4NAエンジンと5速MTを搭載。しかもそのHR15DEは、排気系だけではなくカムやピストン、コンピューターも専用チューンだ。最高出力は116ps/6000rpm、最大トルクは156N・m/3600rpmと、絶対的な数値は決して高くないものの、1010kgの軽量ボディを気持ち良く加速させるポテンシャルを備えている。

マーチニスモSのエンジン そのうえボディ・シャーシはブレーキやステアリングギヤ比も含めて全面的に強化され、エアロパーツもゼロリフトを実現した本格派。室内にはホールド性・フィット感ともベース車とは比較にならないほどアップしたスポーツシートを備えるなど、ベース車とはまったくの別物に生まれ変わっている。それでいながら価格はベース車の上級グレード「G」より約20万円アップの187万6600円に抑えられているのだから、これはもうバーゲンプライス以外の何物でもないだろう。

マーチニスモSのシート

マツダ・マツダ2 15MB

 4代目デミオあらためマツダ2に2015年9月より設定されている「15MB」は、その「MB」という名が示す通りモータースポーツベース車だ。しかし、単に装備が簡素化されただけのモデルではない。

マツダ2 15MBのスタイリング P5-VPS型「SKYACTIV-G 1.5」直4直噴NAエンジンはハイオクガソリン仕様とされ、圧縮比もベース車の「15C」が搭載するレギュラーガソリン仕様の12.0に対し14.0にアップ。さらに吸排気バルブの開閉タイミングを制御するデュアルS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)を搭載し、排気系やオイル潤滑システムも抵抗を減らした専用品だ。

15MBのエンジン 最高出力は116ps/6000rpm、最大トルクは149N・m/4000rpmと、「15C」用に対し6psと8N・mのアップに留まっているが、唯一組み合わされるトランスミッションは6速MT。そのうえ最終減速比は「15Sプロアクティブ」6速MT車の4.105に対し4.388へ低められており、モータースポーツの場だけではなく日常のワインディングや街乗りでも爽快な加速フィールが味わえるのは間違いない。

マツダ・ロードスターRF

 現行4代目ロードスターにはソフトトップ車に加えて、リトラクタブルハードトップモデルの「RF」が設定されている。

ロードスターRFのスタイリング 国内仕様のソフトトップ車にはP5-VP[RS]型またはP5-VPR[RS]型(i-ELOOP+i-stop装着車)の「SKYACTIV-G 1.5」直4直噴NAエンジン、RFにはPE-VPR[RS]型「SKYACTIV-G 2.0」直4直噴NAエンジンが搭載されている。

 いずれもFRのライトウェイトオープンスポーツカーであるロードスターに合わせて専用チューニングが施されているが、とくにRF用の「SKYACTIV-G 2.0」は2018年6月の商品改良で劇的に進化。吸排気系はもちろん動弁系や燃料噴射系の部品も一新され、果てはシリンダーヘッドの吸排気ポート形状まで変更されるなど、ほぼ別物に生まれ変わった。

ロードスターRFのエンジン

 その結果、従来は158ps/6000rpmと200N・m/4600rpmだった最高出力・最大トルクは、184ps/7000rpmと205N・m/4000rpmへと大幅にアップ。レブリミットも6800rpmから7500rpmへ引き上げられるなど、よりスポーツカーにふさわしい性能と官能性を獲得するに至っている。

さまざまな仕様が生み出されてきた自動車のエンジン。しかしながら、カーボンニュートラルの実現などでエンジンはエコを追求していく方向に。そんな今、走りを追求した専用エンジンは希少な存在になること間違いなし。今回は搭載車5台を紹介しよう。