「R34ニュル」なんてまだまだ序の口! 限定モデルより希少な「マニアック過ぎるGT-R」とは何か (1/2ページ)

noteで書く
「R34ニュル」なんてまだまだ序の口! 限定モデルより希少な「マニアック過ぎるGT-R」とは何か

この記事をまとめると

  • 現在、第2世代GT-Rは全般的に中古車価格が高騰中
  • だが「希少だけど認知されていない」モデルも存在
  • 各代の希少なグレード、モデル、ボディカラーを紹介

限定車には手を出せないが、標準的な予算で手に入る希少車はある!

 一番人気は第2世代GT-Rの最終限定車であるR34V-specII Nur/M-spec Nur(低走行なら3000万円オーバー)で、R34のミッドナイトパープルII/III、R33の4ドアオーテックバージョン/LMリミテッド、R32のNISMO/Vspec/V-spec IIといったメーカー謹製の限定車や特別なモデルがそれに続く。R33 LMリミテッド これらのモデルは海外のバイヤーが常に目を光らせているため、マーケットに流通する前に買い手が決まってしまうことがほとんど。手に入れるためにはふんだんな資金と出会う縁を持っていないとなかなか難しい状況だ。

 ちなみに、希少車クラスの相場上昇は下限の価格も引き上げることとなり、さらに無風だったR35GT-Rの相場にも影響を及ぼしている。そして、中古車マーケットの金脈となったGT-R争奪戦には専門店のみならず、一般の中古車販売店も多数参入。タマの取り合いによって値上がりに拍車がかかり、この半年で下限の価格は100万円以上アップした。この傾向は今後もしばらく収まりそうにない。

 限定車や特別モデルを手に入れるのは上述のとおりハードルは高いが、「他では見かけることが少ない希少車」にまで購入枠を広げれば、まだ標準的な予算(それでも500万円オーバーだが)でレア車を手に入れることはできる。

スタンダードでは設定のないボディカラーをまとうGT-Rがある!

 購入可能な希少車の筆頭はレアカラーだ。R33/R34の開発責任者であった渡邉衡三氏が所有する「ダークグリーンメタリック(DH0[カラー番号])」のR32やタイプMを含めて7台しか存在しない「ソリッドレッド(301)」などが有名だ。

渡邉氏のR32グリーン現実的な線でいえば、R32は前期型のクリスタルホワイト(326、生産台数10台)、中/後期型にのみ設定されていたグレイッシュブルーパール(BL0、141台)。r32スカイラインGT-Rのボディカラー  R33ならば後期型にのみ存在するR34用のブラックパール仕様(GV1、22台)とアクティブレッド仕様(AR2、12台)、R34は前期型に用意されたライトニングイエロー(EV1、68台)といったところか。いずれのカラーも数々の限定車より圧倒的に生産台数が少ないのは魅力だが、裏を返せば、R32のホワイトを除けば新車時のスタンダードカラーかつ不人気色。相場に大きく影響していないので、欲しい人は狙い目だ。

noteで書く

画像ギャラリー