「セプター」ってなんだっけ? マニアでも忘れがちなトヨタの「どマイナーセダン」7台 (1/2ページ)

「セプター」ってなんだっけ? マニアでも忘れがちなトヨタの「どマイナーセダン」7台

この記事をまとめると

  • 車名を聞いてもすぐに形が出てこないモデルをピックアップ
  • 高級路線を目指したがモデルライフが短かったクルマもあった
  • 忘れ去られたトヨタ車を振り返る

トヨタ・ヴェロッサ

 ヴェロッサ、皆さんは覚えていますか? 気になり早速、厚紙の上質な封筒に入った発表当時の資料一式を見つけ出してみると、“トヨタ、新型車「ヴェロッサ」を発売”とタイトルされた平成13年(2001年)7月6日付けのニュースリリースが入っていた。報道関係者用のモノクロ紙焼き写真も一緒に入っていたのは当時のお約束でとても懐かしいが、ともかく、登場はもう20年前も前のことかぁ……とシミジミさせられるのは、こういう資料に久しぶりに目を通したときに感じる、いつもの気持ちである。トヨタ・ヴェロッサ ヴェロッサは、2000年10月に登場した9代目・最終型マークIIと同じチーフエンジニアが手がけたモデルで、いわゆる兄弟車の関係にあった。2780mmのホイールベースも共通。だが、エッ!? と思わせられたスタイリングが特徴で、マークIIとは似ても似つかぬというより、トヨタ車らしからぬインパクト絶大なデザインを纏っていた。車名(Vero・真実+Rosso・赤からの造語)からしてイタリア風だったが、いかにも当時のアルファロメオ路線を狙ったことは明白。トヨタ・ヴェロッサ だが、今見たら味わいのある姿に見えるかもしれない……と思う。4輪ダブルウイッシュボーンサスペンションに前:215/45ZR17、後:225/45ZR17サイズのタイヤを装着(2.5LツインカムターボのVR25)など、走りの性能もスポーティな仕立てのクルマだった。ちなみにこのヴェロッサは、マークIIの兄弟車だったチェイサー、クレスタの後継車でもあったが、2年8カ月の短いモデルライフに終わった。

トヨタ・アベンシス

 ほかに欧州調のトヨタのセダンというと、アベンシス(2代目・2003年)があった。このクルマはもともと欧州市場向けに誕生したモデルで、2代目は南仏・ニースの拠点ED2(EDスクエア)でデザイン開発、TMUK(トヨタ英国工場)で生産された。トヨタ・アベンシス 走りはとにかく欧州車調のカッチリとした印象のもので、当時、試乗した筆者は「アウディかオペルのようなセダンだ」と実感したことを思い出す。バリエーションにワゴンもあったが、ゆとりのある室内、ラゲッジスペースは、まさしく欧州でも通用するものだった。開発チーフエンジニアはのちにレクサス車を担当している。トヨタ・アベンシス

トヨタ・プログレ

 一方で“小さな高級車”をコンセプトに、日本市場をターゲットに開発されたセダンにプログレがあった。登場は1998年5月のこと。このクルマは全幅を1700mmに定め、全長も当時のコロナプレミオよりもコンパクトにした上で2780mmのロングホイールベースを採用。トヨタ・プログレ ドアガラスを通常よりも立てて外に出して配置することで、室内空間のゆとりも確保していた。FRのコンベンショナルな駆動方式を採用しながら“セルシオ品質”の仕上がりで、アンダーステートメントを求める上級車ユーザー向けに開発されたクルマ。このクルマのチーフエンジニアはセンチュリーも担当した方だった。トヨタ・プログレ

頭の片隅にあるのでなかなか車名が出てこない。だけど、急に思い出して猛烈に気になる……なんて経験はないだろうか。同時期に似たような車屋モデルライフが短いために、記憶の片隅に眠っていることも。ここでは、そんなトヨタ車を数台紹介していこう。