2WAY式でとっても便利! エーモン「イージーパワーレンチ」を使ってみた (1/2ページ)

2WAY式でとっても便利! エーモン「イージーパワーレンチ」を使ってみた

この記事をまとめると

  • タイヤ交換などに便利なイージーパワーレンチ
  • T字レンチと十字レンチを1アイテムで両立
  • クロスレンチの半分の力でナットが緩められる

タイヤ交換で便利な2WAYタイプの「イージーパワーレンチ」がオススメ!

 そろそろ冬支度の季節、スタッドレスタイヤへの交換を準備しておきたい。そこで必須となるのがタイヤ交換用のレンチだ。みなさんはどんなレンチを使ってるだろうか? ワゴニスト編集部がオススメするのはエーモンの「イージーパワーレンチ」。特徴は2WAY式になっていること。グリップにハンドルバーを差し込むことでT字のパワーレンチに、中央まで差し込んでから引っかかるところで固定すれば、十字のクロスレンチへとワンタッチで変形できるのでとても便利だ。

 このパワーレンチ(T字仕様)は、小さなチカラでナットを緩めることができ、クロスレンチ(十字仕様)は回転構造によってナットの留め外しをとてもスムースに行うことができる。

初出:ワゴニスト2021年12月号(※一部加筆、修正)

コンパクトで収納性バツグン! 使い勝手も◎

 クルマいじりが好きな人なら、万が一のパンクによるタイヤ交換のため、十字レンチを車載している人も多いと思う。ラゲッジにコンテナボックスなどを使って工具を収納しておくと便利だが、十字レンチはその形状から置き場に困ることもある。そこで便利なのが、コンパクトに収納できて用途に合わせて使い分けができるイージーパワーレンチが役に立つ。イージーパワーレンチ(ラゲッジ収納) 同製品の仕組みは、グリップにハンドルバーを差し込み、ソケットを装着すればレンチができ上がる。前述のとおり、T字と十字の2WAYで使用することができ、ハンドルバーには中央部と先端部の2カ所のストッパー(グリップ内の溝にボールがはまるようにセットする)により、セットする位置によってT字と十字を使い分けることが可能だ。2WAYレンチ

イージーパワーレンチでタイヤ&ホイール交換をにチャレンジ

 タイヤ交換したとき稀にあるのが、ナットの締め過ぎで通常の十字レンチでは緩まないこと。なんとかチカラ任せに緩ませる場合もあるが、それでも難しい場合は十字レンチに鉄パイプを差し込んでテコの原理で外すこともできる……。だが、そう都合よく鉄パイプが転がっている訳じゃない。そこで役立つのがイージーパワーレンチというワケだ。エーモン「イージーパワーレンチ」(T字) このパワーレンチは通常の十字レンチの約半分のチカラでナットを緩めることができるため、作業はかなりラクチン。エーモン「イージーパワーレンチ」(回転機構) すべてのナットが緩んだら、イージーパワーレンチをT字から十字にトランスフォームさせて、十字レンチをくるくる回すだけ。便利な回転機構を備えるのでハンドルバーを軽く叩くだけで、素早くナットを外すことができる。

画像ギャラリー