「どシャコタン」「鬼のツライチ」「バーフェン」だけど走りもイケる! トヨタ純正色に塗り替えちゃった異色の「ランエボ8」 (1/2ページ)

「どシャコタン」「鬼のツライチ」「バーフェン」だけど走りもイケる! トヨタ純正色に塗り替えちゃった異色の「ランエボ8」

この記事をまとめると

  • 「C/PARK DEP」で見つけた三菱ランサーエボリューション8MR
  • ドレスアップとチューニングで全方位で楽しむオーナー
  • 今度はインテリアも自分好みにカスタマイズ予定

トヨタ純正色のベージュで差別化を図るランエボ

 せっかくのスポーツカーだけにサーキットは走りたい。でもミーティング的な置きイベントも大好き。愛車であるランエボと全方向に渡ってクルマ遊びを楽しむため、チューニングとドレスアップの両立を目指すのがSさんだ。三菱ランサーエボリューション8MRのリヤビュー

 以前はFC3SのRX-7に乗っていたそうだが、本格的にカスタムを始めたの3年ほど前から。ベースに選んだのがこのランエボ8MRで、まずは走りを磨くためパワー系に手を入れた。

 マフラーにエアクリーナーといった基本中の基本から始まり、ターボエンジンのアクセルオフでレスポンスが遅れるのを解消する、ミスファイヤリングシステムも導入。2本の長い直線を有するスポーツランドSUGOをよく走るので、パワーは少なからず高めたほうが楽しいという判断だ。三菱ランサーエボリューション8MRのエンジン

 足まりはセッティング幅が広く乗り心地もいいブリッツの車高調、タイヤはハイグリップで知られるアドバン・ネオバAD08をチョイス。三菱ランサーエボリューション8MRのホイール

画像ギャラリー