来春モデルをスクープ! 待望の80ヴォクシー&エスクァイア用「ジュエルLEDテールランプ・ウルトラ」の驚愕の新機能とは (1/2ページ)

来春モデルをスクープ! 待望の80ヴォクシー&エスクァイア用「ジュエルLEDテールランプ・ウルトラ」の驚愕の新機能とは

この記事をまとめると

  • ヴァレンティから80ヴォクシー&エスクァイア用最新LEDテールが22年春ごろに登場
  • ロック&アンロックに連動してオープニング&エンディングアクション機能を搭載
  • 消灯時もインパクとあるスタイリングと最新のLEDイルミネーション機能が満載

 

来春に発売予定のヴァレンティ製「LEDテールランプ」最新作の中身とは

 テールランプと言えば、ヴァレンティ。幅広い層からそう評されるほど、つねに圧倒的な人気を誇っているのが同社のLEDテールランプシリーズだ。根強い支持には理由があり、LEDの精度と品質、そして明るさだったり、LEDバーのムラのない点灯感や消灯時のインパクトなどさまざま。総じて存在感がバツグンに高いことにあり、保安基準適合品という安心感も、その秘訣である。

 しかもそのヒットモデルが、つねに進化を続けているということも高い評価の理由。初代モデルのトラッドに始まり、その後はシーケンシャルウインカーを標準搭載したレヴォへと発展。現在はそこからさらに進化し、ここで紹介しているウルトラを現在開発中だ。

高精度なLEDの採用と均一な発光を実現するのがポイント!

 ウルトラはハイエース用としてすでに設定され、80ヴォクシー系、30アルファード&ヴェルファイアへの展開が確定しており、正式なリリースは来春ごろだそう。その最大の特徴は、オープニングアクションとエンディングアクションである。ジュエルLEDテールランプ・ウルトラ(オープニングアクション)

 アンロック時に発動するオープニングアクションは、ウインカーが2回、内から外へと流れ、そして縦に走るLEDバーが外へ向かって順に点灯し、消灯。次にウインカーが内から外へと流れていく仕様。エンディングアクションはそれと逆のパターンで光が流れ、ロックをした際にアクションが発動される。ジュエルLEDテールランプ・ウルトラ(消灯・全点灯) テールランプとしての高い機能性をしっかりと確保しながら、そこに光の美しさやインパクト、さらには視線をクギヅケるさまざまなアクションまで投入する。点灯時のそのインパクトは言わずもがなだが、消灯時であってもデザイン性が高く、アピール度の高いカラーリングなどでも見る者を楽しませてくれる。つまりヴァレンティのテールランプは、信頼性と品質、圧巻の魅せヂカラの集合体。だから、売れる。

画像ギャラリー