あの「シャコアゲ」軽も今ならヒット確実? 誕生が早すぎた「エポックメイキング」なクルマ5選 (1/2ページ)

noteで書く
あの「シャコアゲ」軽も今ならヒット確実? 誕生が早すぎた「エポックメイキング」なクルマ5選

この記事をまとめると

  • まだまだ続くSUVブーム
  • これまでにも個性的なモデルは多数存在
  • 時代を先取りしすぎて消滅した個性派を紹介

日産スカイラインクロスオーバー(2009~2016)

 ちょっとしたボタンの掛け違いと今のSUVブームよりも少しだけ早くデビューしたために、流行に乗り切れなかったSUVの代表格といえばスカイライン・クロスオーバーじゃないだろうか。12代目スカイラインのシャーシにスタイリッシュなクーペ風のスタイリッシュなボディを被せ、トヨタ・ハリアーやレクサスRX以上のスポーティさを兼ね備えたクロスオーバーSUVとして2009年にデビュー。

スカイラインクロスオーバーのフロントスタイリング

 エンジンはV6の3.7Lで330psを誇り、世界的にも数少ないFRベースの4WD(2WDもあり)。スカイライン譲りの走りはかなり痛快だったし、アメリカではインフィニティEXとしてスマッシュヒットを記録。かなり評価は高かった。

スカイラインクロスオーバーのエンジン

 ただ、当時はクーペSUVのジャンルは確立されておらず、居住性/荷室の狭さが不評。また日本のマーケット無視ともいえる3.7Lのみの設定と、V36セダンよりも50万円以上高額だったこともあり、触手を伸ばす人は少なかった。エントリーモデルとして2.5L仕様(中国仕様にはあり)があれば、もう少し状況が変わったかもしれない。

スカイラインクロスオーバーのラゲッジスペース

 もうひとつはスカイラインの派生車としてラインアップに加えたこと。インフィニティブランドの日本国内導入検討の影響を受けたのは否めないが、このクルマこそ、インフィニティEXとして新たなプレミアムSUV路線で売れば良かったと思う。

スカイラインクロスオーバーのリヤビュー

ホンダ・エレメント(2003~2005)

 これまでも時代を先取りしすぎた、個性的なクルマをリリースしてきたがホンダ。SUVジャンルの筆頭といえるのが、エレメントだ。開発にはホンダR&Dアメリカの若いエンジニアが携わり、ジェネレーションY(当時の20代前半まで)世代に向けたモデルである。

ホンダエレメントの外観

 ベースとなったのはCR-V、エンジンは2.4Lの直4DOHCで160ps。海外では5速MTとFFも用意されたが、国内には4速ATの4WDのみの設定だった。日本には2003年~2005年まで逆輸入車として販売された(アメリカでは2002年~2011年まで販売)。約2年しか販売されなかったが、カクカクとしたボディに樹脂パーツでエクステリアにアクセントをつける手法は最近のSUVに見られるモノで、シートやフロアは日産エクストレイルよりも早く防水処理が採用されている。

ホンダエレメントのサイドビュー

 道具感ある無骨可愛いデザインは最近のトレンドだが、当時は安っぽいと不評だった。また、1790mmの全幅も当時はかなり大型の部類だったが、現在のSUVのなかではスタンダードであるし、両側観音開きのドアは抜群のユーティリティを持ち、「ほかとは違うクルマに乗りたい」と求める今のクルマ好きの時流にもマッチするなど、まさに時代が早かった。今、手に入れてカスタマイズして楽しみたい1台だ。

ホンダエレメントのリヤビュー

ダイハツ・ネイキッド(1999~2004)

 アウトドア、レジャー人気が高まりつつあった2014年にデビューし、絶妙なSUV感とカジュアルポップな雰囲気でアクティブ志向のユーザー、女性層を中心に大ヒットとなった初代スズキ・ハスラー。そのハスラーと同様のコンセプトで15年前に登場したものの、短命に終わったのがダイハツ・ネイキッドだ。

ダイハツネイキッドのフロントスタイリング

 1997年の東京モーターショーの高い反響を受けて、1999年に市販化された。当時のレトロブームの影響もあり、スクエアなボディに丸目の愛らしいフェイス(後期には角ヘッドライトのFも設定あり)、無骨さを演出するビス止めのボディパネル、アウターヒンジを採用するクラシカルなデザインを採用。最低地上高を180mm(4WDは150mm)と高くすることで、走破性を確保するなど軽クロスオーバーのはしりといえるクルマだった。

 ただし、アウトドアブーム真っ盛りの現在なら受け入れられる「シンプル&タフ」、そしてちょいアゲ車高でまとめられたスタイリングは、ハイト軽ワゴン全盛の当時は「狭い、安っぽい」と評価され、ユーザーの支持を得ることはできなかった。現在はその後継ともいえるダイハツ・タフトが生産されているが、ネイキッドが持っていたレトロ&タフ路線での復刻を見たかった気がする。

noteで書く

画像ギャラリー