意外と重宝する「撥水シート」と、もうひとつは?「アウトドア最強のSUV」の必須装備ふたつ (1/2ページ)

意外と重宝する「撥水シート」と、もうひとつは?「アウトドア最強のSUV」の必須装備ふたつ

この記事をまとめると

  • 突然の天候変化でもシートやラゲッジルームを濡らさないクルマを紹介
  • 軽自動車にも撥水シートを採用したクルマがある
  • バックドアのハンズフリーはアウトドア派なら装着しておいて損はない

アウトドアでガンガン使い倒せるクルマを紹介

 キャンプやアウトドアでは、予期しない緊急事態が起こりうる。例えば、キャンプやアウトドアを楽しんでいるとき、突然の豪雨や強風に見舞われ、危険回避のため即、撤収……。なんていう場面に遭遇しないとも言い切れない。とくに天候の変わりやすい山間部ではありがちである。

 そんなとき、緊急避難のため急いでクルマに荷物を運び入れて乗車するにしても、びしょびしょの体や濡れた荷物で、シートやラゲッジルームは水浸しで汚れまくり! これではあとの掃除が大変だ。また、両手に荷物を抱えたまま、水たまりやドロドロの路面に荷物を置かないまま、バックドアを開けラゲッジルームに荷物を入れるのも至難の業だろう。アウトドアでガンガン使い倒せるクルマ

 そんなとき、役に立つのが水気を弾く撥水シートや防汚加工ラゲッジルーム、そしてリモコンキーを携帯していれば、リヤバンパー下のセンサーに足先を出し入れすることでバックドアが自動開閉するハンズフリー機能だろう。

 そうしたクルマは、日常はもちろん、キャンプやアウトドアでも大活躍してくれること間違いなしである。そこで、撥水シートや防汚ラゲッジルーム、そしてバックドアにハンズフリー機能を持つ、アウトドアやキャンプに似合い、使い倒せるクルマを紹介したい。

軽自動車にも設定がある撥水加工のシート

 まずは、水気を弾き、汚れにも強い撥水加工のシートを用意したクルマから紹介していこう。アウトドアに似合うクルマと言えば、古くから撥水、防汚インテリアを採用してきた日産エクストレイルが代表格で、そのほかにもスバル・フォレスターXブレイク、三菱デリカD:5(ベージュ内装)、スズキ・クロスビー、ホンダ・フリードクロスターなどがある。アウトドアでガンガン使い倒せるクルマ

 ソロやカップルのアウトドア、キャンプに適したフットワークもいい。初心者にもぴったりな軽自動車のカテゴリーでは三菱ekクロススペース、スズキ・スペーシアギヤ、ダイハツ・ウェイクなどのクロスオーバーモデルが挙げられる。アウトドアでガンガン使い倒せるクルマ

 とくにエクストレイルはシートだけでなく、何とフロア、ラゲッジを含む車内全体が水気や汚れから守ってくれる素材が使われたタフネスが売りだ。本格SUVのエクストレイルやフォレスター、ミニバンの皮を被ったSUVと言っていいデリカD:5、クロスオーバーモデルのクロスビーやフリードクロスターなどなら、アウトドアフィールドに向かう途中の悪路にもしっかり安全に対応してくれるから、アウトドア、キャンプ、そして運転初心者でも心強い。アウトドアでガンガン使い倒せるクルマ

画像ギャラリー