冬キャンプで仲間と美味しい鍋を囲みたい!「自作トライポッド」で「プチ囲炉裏」気分を満喫 (1/2ページ)

noteで書く
冬キャンプで仲間と美味しい鍋を囲みたい!「自作トライポッド」で「プチ囲炉裏」気分を満喫

この記事をまとめると

  • キャンプ料理で重宝する鍋を吊るす「トライポッド」を製作
  • 滑車も製作して鍋を上下できるように工夫
  • 仲間と車座になって鉄鍋料理をつつくことができる!

フック付きの滑車を使い鍋の上下も可能に

 次に薄い鉄板をカツオ節型にカットしたら形を整え、反らせた状態で三脚の1本にリベットで留めます。これはヨットなどのデッキクリート(係留金具)みたいに、鍋を吊り下げたロープを巻きつけるのに使います。自作トライポッド

 鍋に食材が入ると意外に重くなるので、フック付きの滑車で鍋を吊り、クレーン式に上下できるようにしてみました。自作トライポッド

 ロープの端末を金具にグルグルと巻きつけるだけでも固定できますが、ロープワークの「クリート・ヒッチ」という結びを使うと、見た目もきれいに確実に固定することができます。自作トライポッド

 地面に直火は避けたいので、使い古したバーベキュー用の鉄板を炭受けにします。鉄板の四隅にドリルで穴を開け、長い全ネジを脚にして金網を載せればバーベキュースタンドになり、短いボルトを脚にすると、トライポッド用の炭受けにできるようにしています。自作トライポッド

noteで書く

画像ギャラリー