これぞ「王道」のカスタム! あの「Gクラス」が激変する「欧州の老舗アイテム」が衝撃的すぎた (1/2ページ)

これぞ「王道」のカスタム! あの「Gクラス」が激変する「欧州の老舗アイテム」が衝撃的すぎた

この記事をまとめると

  • 欧州SUVの代表格であるメルセデス・ベンツGクラス
  • 自動車メーカーも認める2大ブランドでカスタマイズ
  • アクラポヴィッチとKWで走りが大幅に進化!

欧州の2大ブランドがG63の高性能を昇華させる!

 人気のW463Aの走行性能を上書きする、世界トップレベルのチューナーアイム“KW”と“AKRAPOVIC”の2大ブランド。両雄がW463Aのために開発した足まわりとエキゾーストを、世界のハイパフォーマンスモデルを知悉するモータージャーナリストがテイスティングする!

初出:オンリーメルセデス Vol.201 2月号(一部加筆・修正)

KWとアクラポヴィッチコーデで純正然なW463Aが漂わす凄み

 モデルチェンジが行われ、ニューモデルへと進化したメルセデス・ベンツGクラス。そのプレミアムSUV市場での人気は、前作と同様に圧倒的な高さとなっている。それはチューニング&ドレスアップの世界においても変わらない。

ノーマルのGクラス そもそもGクラスの魅力とは、どこにあるのだろうか。モデルチェンジで一気に進化した走りの素晴らしさは、すでに何回も経験済みだ。個人的にとりわけ印象的だったのは、より落ち着きを増した乗り心地と素直なハンドリング。オフロード走行は、もちろんGクラスが最も大きなアドバンテージとするところだが、最新のGは、そこに至るまでの道もナチュラルな走りで楽しませてくれる、素晴らしいSUVに進化した。

 さらに忘れてはならないのが、そのスクエアなボディスタイル。直線を基調としたデザインは、現代のSUVのなかでも特徴的な、とても強い個性を持つ。あえてそこに手を加えることがなくても、都会にもオフロードにも自然に溶け込む美しさがある。もちろん逆にエクステリアのモディファイを考えるのならば、アイデアは無限に出てくるだろう。それを受け止めてくれるのがGクラスという存在なのだ。今回、橋本コーポレーションのデモカーのG63の撮影風景を見ながら、ふとそんなことを考えていた。

KW&アクラポビッチデモカーGクラスのリヤビュー

 エクステリアから、このG63をノーマルではないと見極めるのは不可能に近い。なぜなら新たに装着されているのは、KWの「DDCプラグ&プレイ」サスペンションキット(145万2000円・税抜)と、アクラポヴィッチのエキゾーストシステム「エボリューションライン(チタン製/110万4000円・税抜)」のみだからだ。ボディサイド、後輪の前方に導かれる、このエキゾーストシステムのエンドパイプが、6角形をモチーフとしたスクエアデザインに姿を変えているのが、ノーマルとの唯一の違いとなる。

マフラー出口

画像ギャラリー