カサカサに劣化した愛車をなんとかしたい! お金はかかるけどプロが「全塗装」をオススメするワケ (1/2ページ)

カサカサに劣化した愛車をなんとかしたい! お金はかかるけどプロが「全塗装」をオススメするワケ

この記事をまとめると

  • 劣化してきた塗装面をリフレッシュさせる
  • 予算次第でどこまで作業するか
  • 10万円以下の応急処置から100万円オーバーの重作業まである

旧車を長く乗るならいつかは検討する日が来る

 純正での塗装の質がよくなったこともあって、最近はあまり聞かなくなった全塗装。オールペイントとも呼んだり、さらに全塗やオールペンなど、略すこともある。略すと通っぽくなる言葉でもある。

 あまり聞かれなくなったとはいえ、古いクルマでは今でもお馴染みの言葉というか行為だ。塗装とは簡単に言ってしまうと樹脂なので、紫外線をできるだけ当てないようにしたり、ワックスなどで油分を補給したり保護しても、劣化の進行は避けられない。遅かれ早かれ、限界を迎えてしまう。

塗装の劣化

 限界とは、色があせたりクリア層が剥がれて白くなったり。最悪のレベルになると塗装自体が細かく割れてくることもある。そうなると見た目が非常に悪くなるので、なんとかしたいというときに行うのがオールペイントとなる。簡単に言ってしまえば塗装の修復・初期化で、色を変えれば気分も変わるのは、部屋の模様替えと同じような感覚と言えるだろう。

できれば外せるものは取り除いて塗装したい

 ボディ自体がグサグサで切った貼ったといった板金が必要なレベルは、ボディレストアという別の話になってしまう。今回はボディ自体は凹みや軽いサビが出ている程度の個体に施すことを前提に、その内容やメリット&デメリットを紹介したい。

 塗装も含めてボディ自体がそれほどやれていない場合は、基本的になにも外さずにそのままマスキングだけして塗装できる。費用は10万円以下で可能な場合ある。ただこれではみっともない部位を隠した程度であって、ホントにただ塗装しただけという最小限のレベルだけに満足度はそこそこだ。

 少々古い、ネオヒストリックで多いというかおすすめなのは、エンブレムやミラー、スポイラー、窓ガラスも含めて外せるものは外して、細かいヘコミなどは修正。丁寧にマスキングをしたうえでの行う全塗装だ。予算は車両のサイズや使う塗料、クリアのありなしやメタリックやパールといった塗装の種類によるが、30万円から80万円ぐらいでも可能。仕上がりも新車に近くて、パリッとしてものになるので、「やってよかった」と満足感もある。

部品を外してみた

 ただ問題なのは、予算や手間的に表面しか塗らないこともあるということ。ボンネットやトランクの内側、ドアの開口部などはそのままだと、開けたときにがっかりすることもある。もちろん元色と同じに塗れば違和感はないが、それでも劣化したままなので、表面との差が際立つことがある。

 対策として、トランクはめったに開けないのでそのままにして、ドアの開口部だけ塗ってもらったり、エンジンルームはマスキングして塗れるところまで塗ってもらうという手はある。エンジンルームに関してはさらに奥は目立たないことから、ハケ塗りでできるだけ塗るというのもアリだ。

開口部の塗装

画像ギャラリー